チャット君「猫の額な日々」   2017年.1月~
                                店長の独り言
2009年10月1日より猫の額のお店猫となりました
片目の茶トラ猫「チャット」の日記です。

交通事故で大怪我をしたチャットを捕獲(2009.6/26)してから
お店猫になるまで(2009.9/末)の経過はこちらの「チャット情報」をご覧下さい。

2012年6月お店の移転とともに高円寺北に引越ししました。
2015年10月下半身麻痺となり24時間介護が必要となりました。
   チャット君のもみもみ動画はこちら



2016年の日記     
2015年の日記 2011年2月~5月の日記
2014年の日記 2010年11月~ 2011年1月の日記
2013年7月~12月の日記 2010年8月~10月の日記
2013年1月~6月の日記 2010年5月~7月の日記
2012年7月~12月の日記 2010年3月~4月の日記
2012年1月~6月の日記 2010年1月~2月の日記
2011年10月~12月の日記 2009年11月1日~12月31日の日記
2011年6月~9月の日記 2009年10月1日~10月31日の日記
    どきゅめんたりーまんが 「おいらはチャット」 てらだかよ:作

    チャット君がこちらのサイトにも紹介されました 


チャットの病状メモ


■ 心のケア ■ 2017、3、12 
     
チャットが下半身麻痺になり1年半経とうとしています。
一時は危うい状態でしたが今は徐々に回復してきました。
皆様の応援のおかげです。 本当にありがとうございます。

チャットが幸運であったことがいくつかあります。
・脊髄の腫瘍が良性であったこと。(転移性腫瘍ではなかった)
・たまたま漢方が効いた。
・24時間介護が出来る環境にあった。
・通常より大柄で体力があった。
他にも偶然が重なった事がたくさんあると思いますが、なによりもチャット本人の「生きる力」の強さだと思います。

無我夢中でしたがいろいろ学びました。
処置や薬やサプリだけでなく、心のケアがいかに大切かということがわかりました。
猫は病気や怪我について理解できないので、人より不安を感じると思います。
ずっと不安な状態だったら治る病気も治りません。

人も動物も「医療+心のケア」はいつもセットで考えるものだと思います。
そして「心のケア」をしてあげる人は、まず自分の「心のケア」が出来てないといけないこともわかりました。

自分を大切に出来ない人は、他の命も大切に出来る訳がありません。
いろいろ教えてくれたチャットは私の先生です。
      
お気に入りのソファー in お家 早くお店に行く~ そうです。私が先生です。


■ 復活 ■ 2017、1、29
    
チャットの低温やけどは完全に治りました。
多くのかたにご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

獣医のかたも驚くほどの治りの早さでした。
あの広い範囲のやけどが1ヶ月かからず完治し、生えないだろうと言われたお腹の毛も生えてきました。

お腹の皮が伸ばせないので約1ヶ月リハビリが出来なかっただけで足の筋肉は見事に落ちてしまいました。
しかし今や食欲も復活してリハビリも再スタートです。
この分だと失った時間は思ったより早く取り戻せそうです。

どこかを怪我をして痛さで食欲が無くなるのは当然なのですが、これは「食べる」「消化する」「排泄する」という
体力を「怪我を治す」ほうに集中させるための動物の自然行動らしいです。
野生動物に近いほどこの行動は顕著に出るそうです。

飲まず食わずでただじっとして怪我を治す。
人間は弱いのでこのようなことをしたら死んでしまうそうです。

チャットの場合、痛みのストレスからエイズが発症してしまうのがこわかったのですが、ただ毎日
「大丈夫、大丈夫」と撫ぜてあげてストレスを少しでも取ってあげることしか出来ませんでした。

医学や薬の力を使っても、病気や怪我を治すのは結局自分自身の力なんですね。
それを生命力と呼ぶようです。
どうやらすごい猫に出会えたようです。
     
お腹見ないで下さい 毛が生え揃ってないので恥ずかしいです 今年中に立ってみせます!

新しいデジカメ使用!


2016年の日記     
2015年の日記 2011年2月~5月の日記
2014年の日記 2010年11月~ 2011年1月の日記
2013年7月~12月の日記 2010年8月~10月の日記
2013年1月~6月の日記 2010年5月~7月の日記
2012年7月~12月の日記 2010年3月~4月の日記
2012年1月~6月の日記 2010年1月~2月の日記
2011年10月~12月の日記 2009年11月1日~12月31日の日記
2011年6月~9月の日記 2009年10月1日~10月31日の日記




                                 
TOPにもどる