チャットの病状メモとその後&黒猫瑠南(ルナ)のご報告    2020,1、1~         チャット日記    店長の独り言

瑠南は2020年10月4日21時30分私の膝の上で永眠いたしました。
たくさんの応援・ご支援ありがとうございました。

チャットは2019年4月21日22時20分息を引き取りました。
チャットを応援して頂きありがとうございました。 でもこのページはしばらく続きます。


日記が長くなりましたので年ごとにページを分けました。

2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年

こちらはチャットが何か変だなと思った日からつけていたメモです。

公開するつもりのないメモ帳をそのままコピーしたものですので言葉として変なものもあります。

2019年を持ってこちらのページは終了しようかと思いましたがもう少し続けます。
    
2020年
      
11月30日(月)
お店で亡くなった瑠南の亡骸を家に連れて帰るとき、雲の合間から
きれいな月が照れくさそうに見え隠れしていた。あれはきっと瑠南。
今日は満月。月に瑠南の影が見えるかも知れない。

11月29日(日)
瑠南に勇気をもらったというかたがいる。私ももらった。
足がふらふらでもひっくり返っても何度も起き上がり歩こうとする。
「もう歩かなくて良い!」と言って抱き上げた瑠南は笑顔だった。

11月28日(土)
瑠南に会いたかったというお客様が多い。でもお店に来たのは
初めてらしい。いつもネットで見て応援していたと言ってくれる。
まだ私が知らないだけで、瑠南を応援してくれていた人はいると思う。
ありがとうございます。

11月27日(金)
瑠南の百箇日は来年1月11日。これも偶然ジャッコのお母さんの
アイシャの月命日。 猫たちの命日をカレンダーに入れてみたら
4と11、14と21、みごとに縦に並んだ。 みんな繋がっている。

11月26日(木)
瑠南の四十九日が過ぎた頃から一緒にジャッコさんが夢に
出てくるようになりました。お別れしてから来年で10年です。
瑠南には優しいお姉さんと大きなお兄さんが出来ました。

11月25日(水)
瑠南を迎えた時、じつは体調が悪かった。いつまた出会いが
あるかも知れないので常に健康に気を付けなければいけない。

11月24日(火)
瑠南の写真が少ないのは、元気になって体重が増えて行くのを
撮ってあげたかったから。痩せていく瑠南を撮るのは辛かった。

11月23日(月)
あの世の世界と寝ていて見る夢の世界は繋がっていると思う。
寝ている時のほうが異世界にアクセスしやすいのかも知れない。
瑠南もチャットもメッセージをくれる。 朝起きると泣いている。

11月22日(日)
焼き鳥と唐揚げ、さすがに今日は胸やけがするがもう2度と
ありえない日なので、胸やけぐらい何でもない。

11月21日(土)
瑠南に感謝を込めて合掌。 うちに来てくれてありがとう。

11月20日(金)
明日は瑠南の四十九日、そしてチャットの19回目の月命日。
偶然重なったが、偶然なんだろうか? 明日は焼き鳥と唐揚。

11月19日(木)
瑠南はやせ細っていたが最後まで毛並みは良かった。
最初に1週間かけてぼろぼろだった毛をきれいにしてあげた。
生きるために大切なところに栄養が行くと思うが、瑠奈はきっと
毛並みが大切だったのだと思う。 満足してくれたかな。

11月18日(水)
猫は不思議な生き物。 たくさん食べてくれたり気持ちよさそうに
寝ている姿を見てるだけで幸せな気分にしてくれる。
失って初めて気が付く事はたくさんある。

11月17日(火)
いつかまた出会いがあると思うが、誰が帰ってくるだろう。
みんな揃って帰ってきたら、おそらく錆猫になる。

11月16日(月)
瑠南もチャットもたまに骨壺が温かく感じることがある。背中の
リュックを通して感じることもあるし、持った時に感じることもある。

11月15日(日)
7月から10月まで瑠南100%だった。その間世の中の情勢は
ほぼどうでも良かったので、世界で何が起きていたかよく知らない。
最近になってニュースを見直してみたが浦島太郎のような気分。

11月14日(土)
瑠南と出会った場所を通るたびに出会った日を思い出だす。
自転車を放り出して瑠南を道路の端に寄せ、まず交通整理だった。
11月13日(金)
常に冷静にと思いながら、いくら栄養を取らせても瘠せていく
瑠南をどうしたらいいのかわからなくて泣き叫びたかった。
でもそれは瑠南を不安にさせるだけ。出来るわけが無い。

11月12日(木)
おそらく多くの方が経験してると思うが、夜中に布団の上を
もういない猫が歩いてる重さを感じて目が覚める。
足の間に重さを感じることもある。重くて動けないのが懐かしい。

11月11日(水)
か細い瑠南の声が忘れられない。8月頃はよく鳴いていた。
今に普通の猫の鳴き声になると思っていたが、最後の1ケ月は
鳴くことはなかった。

11月10日(火)
↓ 思い出した。 あの2匹はチャットの時も見た。
  もしかしたら冥界の使者かお世話係かもかも知れない。

11月9日(月)
夢を憶えてるという特技があるので夢ネタが多くなる。
やさしいオオカミの夫婦がチャットと瑠南を可愛がってくれた。
よくわからない夢だが、とても嬉しかった。

11月8日(日)
寿命というものがある。医学の進歩で数日~数年伸ばすことは
可能になったかも知れないが、それはいずれ来る。
物も機械も生き物もみんな同じ。みんな受け入れるのがうまい。
人間だけがあがく。猫はどうだろうか。
人間のように恐れや恐怖は抱かないと思うが、
ただ「ぼんやりとした不安」はあると思う。それを拭ってあげたい。
いつも笑顔で「大丈夫、大丈夫」と言って見送ってあげる。
辛いが今の自分にはこれしか思いつかない。

11月7日(土)
通勤中ずっと背中のリュックのチャットと瑠南に話しかけている。
ひとりで喋ってる変な人と思われてるふしもあるが構わない。
先日職質を受けたが骨壺を見たお巡りさんの顔が忘れられない。

11月6日(金)
朝晩すっかり寒くなった。9月頃、真冬の瑠南の通勤キャリーを
どのように防寒仕様にしようか考えていた。痩せて体温の低い猫は
並大抵の防寒仕様では無理なので服の中に入れることも考えていた。

11月5日(木)
先に逝った魂が自分を守ってくれるとよく言うが、それは逆。
魂が迷わないように、悪いものに連れて行かれないように
守ってあげなければいけないはず。  みんな、守ってあげるからね。

11月4日(水)
瑠南月命日。 昨夜はかなり鮮明に夢に出てきた。 このひと月の夢を
繋げてみると、私と出会う前の事を話してくれてるような気がする。
   
 約束通り焼き鳥  薔薇と友禅菊

11月3日(火)
明日は瑠南のはじめての月命日。 食べさせてあげれなかった焼き鳥を
お供えしたいと思う。これ以上匂いで喜んだ反応を見せた食べ物は無い。

11月2日(月)
昨年チャットの体がなくなって、しばらくしてから「看取りボランティア」を
やろうと思っていた。 思っていたことは現実になってしまったが、
多くのかたの応援や支援がなければとても出来なかった。甘い考えで
「看取りボランティア」をしたいと思っていた自分が恥ずかしい。

(看取りボランティア : 保護施設などで高齢や病気になった猫を家庭に
 迎えて最後を看取ってあげるためのボランティア)

11月1日(日)
気がつくと今年もあと2ヶ月。誰もが慌しいかった1年だったと思います。
でも私には最高の出会いがありました。短くても幸せな時間をありがとう、瑠南。
 
        
10月31日(土)
今日はハロウィン。世の中に黒猫が溢れてる。そして空にはきれいな満月。
今月2回目の満月(ブルームーン)。見ると幸せになるらしい。
1度目の満月の時はまだ瑠南はいた。2度目の月も見せてあげたかった。

10月30日(金)
2年連続で飼い猫を見送った。経験のある方は多いと思うが私は初めて。
結構きつい。見送ってあげれた安堵感と命を前にした無力感が交互に来る。

10月29日(木)
今日は仲良く4匹でお留守番。看取り期間に入った母に面会に行く。
久しぶりの秋晴れ。上野に寄って瑠南を守ってくれた神様にもお礼参り

10月28日(水)
骨壺が4つある。女子チームはずっと家にいたので常時お家でお留守番。
男子チームは通勤猫だったので今でも一緒に毎日通勤。でも明日はお休み。

10月27日(火)
多くのかたの瑠南への思いが届いています。ありがとうございます。
瑠南もとても喜んでいます。猫に生まれて人間に出会えて良かったと。

10月26日(月)
瑠南が夢の中で「背中」と言う。生前背中が痛かったのだろうか。それとも
背中を撫ぜて欲しかったのだろうか。もっと話しを聞いてあげれば良かった。

10月25日(日)
瑠南はどんなところで生まれて、どんなふうに暮らしてきたのか。
数人でも良いので可愛がってくれた人はいたのだろうか。
いくら考えても答えは出るはずもないので、きっと今夜も眠れない。

10月24日(土)
今、瑠南はチャットにお店の事や私のことなどいろいろ教わっていると思う。
チャットは片目だったが何でも見えていた。何でも知っていた。
楽しかった事や、美味しかったもの、思い出話をたくさんしてあげてね。

10月23日(金)
瑠南は流れ星。 一瞬だったが眩しく光り輝いた。
きっとみんなの願いを叶えてくれるために現れたのだと思う。

10月22日(木)
毎日瑠南の夢を見るので寝るのが楽しみになって来た。
でも夢から覚めたあとはさらに悲しくなる。通常モードにはまだなれない。

10月21日(水)
夜中に耳元で何か音がして目が覚めた、音がだんだん大きくなってきて、
それは猫のゴロゴロだった。 目を開けずにずっと聞いていた。
「瑠南」、と言ったらますます音は大きくなって、そして止んだ。
嬉しかった。

10月20日(火)
今まで見送った猫達。みんないつかまた逢えると信じてる。
丈夫な体を手に入れて戻って来て欲しい。柄も性別もどうでも良い。

10月19日(月)
梅雨の7月に出会い、猛暑の8月を乗り越え、9月は急に寒くなり、
10月の遅い彼岸花と真っ盛りの金木犀に見送られて瑠南は逝った。
季節が目まぐるしく過ぎて行ったので、一緒にいた時間は長くも短くも感じる。

10月18日(日)
お店が終わった後、隣で焼き鳥を買って来た時瑠南はすごく反応した。
食べれなくてかわいそうなのでそれ以来瑠南の前では焼き鳥を食べなかった。
月命日には焼き鳥を供えてあげようと思う。今は何でも食べられる。

10月17日(土)
瑠南の生前、東日本橋の「ねこの引出し」さんと仙台の「またたび堂」さんが
瑠南の治療費のためにギャラリー内に募金箱を設置してくれました。
応援してくれた皆様ありがとうございました。
本日またたび堂さんがはるばる仙台から直接募金箱を持って来てくれました!
短い間でも多くのかたに思って頂けた瑠南は、この世で一番大切な宝物を
抱えきれないくらい背負って旅立つ事が出来ました。
瑠南という猫がいたという事を知って頂き、本当にありがとうございました。

10月16日(金)
その時は夢中で良くわからないが、冷静になると不思議な事ばかり。
猫はこの世の中心のような人間の常識がすべて通用しない。そこが魅力。

10月15日(木)
瑠南との別れは辛いが、瑠南との思い出が3ヶ月分しか無いのが悲しい。
10月14日(水)
瑠南くん、亡くなる前日の目です。
もしかしたら私の顔が見えたかも知れません。
私の顔が見たくて目を開けたのかも知れません。
もし見えていたらしっかり覚えていて欲しい。
また帰って来た時に私の事がわかるように。

10月13日(火)
瑠南はどこからやって来たのだろう? チャットがいた時、どこかにいたはず。
最後に瑠南の目が開いた。 きれいなグリーンの瞳の黒猫だった。

10月12日(月)
念願の猫との生活は短かったけど瑠南といた3ヶ月は楽しかった。
必ずもとの元気な体に戻してあげると約束したが、その約束はまもれなかった。
瑠南に申し訳なく思う。 介護のやり方が正しかったのか考えると眠れなくなる。

10月11日(日)
瑠南と出会えた事と、多くのかたが瑠南を想ってくれた事に感謝します。
瑠南は抱えきれないほどの「想い」を背負って肉体の無い世界に旅立ちました。

10月10日(土)
瑠南の初七日。今日は瑠南が匂いにとても反応した「焼き鳥」を隣で買おうと思う。
四十九日は11月21日。 偶然だがチャットの月命日と重なる。
もう初七日、早い 左 瑠南(黒糖饅頭)
右 チャット(どらやき)
〆鯖 (悲しい事は〆)

10月9日(金)
瑠南と一緒にいた時間が少なかったこともあるが、瑠南の写真が少ない。
比較的元気だった頃が1ヶ月ほどあったので、その間に撮っておけば良かった。
元気になったらたくさん撮ってあげるつもりだった。 明日はもう初七日。

10月8日(木)
瑠南とチャットは一緒にリュックに収まった。新しい出勤スタイルが始まった。
家でもお店でも通勤も瑠南とチャットはいつも一緒。 そして私とも一緒。

10月7日(水)
瑠南がこの3ヶ月で得られたものは多くのかたの「想い」。
ごはんや寝床よりずっとずっと大切で尊いもの。本当にありがとうございました。
今、瑠南とチャットはお店の中で一緒に遊んでいると思います。

10月6日(火)
瑠南は一瞬の流れ星のようだった。 この3ヶ月毎日いっぱいいっぱいだったので
何をしていたのか記憶があやしい。 瑠南といた時間をゆっくり思いだしたい。

10月5日(月)
本日5日は通常営業しています。瑠南もいますので最後のお別れが出来ます。
明日午前に荼毘にふしますので開店時間が1時間遅れます。(13時OPEN)

------------
瑠南は10月4日21:30息を引き取りました。 静かな最後でした。
多くのかたの応援・ご支援、ありがとうございました。
瑠南は幸せな猫だったと思います。 瑠南、私のところに来てありがとう!
------------

10月4日(日)
瑠南は朝血便がでたので急きょ病院へ行った。直腸の血管がもろくなっている。
そして夕方から急に具合が悪くなった。でもまだ頑張っている。
瑠南が頑張っているので、私もとことん付き合う。決して望みは捨てない。
瑠南!一緒に頑張ろう!出あったばかりなんだから。

10月3日(土)
今日で瑠南と出会ってちょうど3ヶ月。 瑠南の寝息が急に静かな呼吸になった。
辛そうな呼吸ではなくなった。 でも良い方向に行ってるのかどうかわからない。

10月2日(金)
瑠南に床ずれが出来てしまった。体重が軽いのでまさか出来るとは思わなかった。
痩せて骨盤の骨がとがっている事が頭に無かった。かわいそうな事をした。
これ以上辛い思いをさせたくないのに、きっとまだ気が付いてあげれない事がある。

10月1日(木)
ご心配かけて申し訳ありません。
久しぶりにお店に来なかったので更新出来ませんでした。
瑠南は夜になると呼吸が苦しそうになりますが、
朝になると呼吸が元に戻るという事の繰り返しです。 
首の角度を少し変えたりして呼吸の楽な姿勢を探る毎日です。
            
9月30日(水)
たまに瑠南が苦しそうにしてる時がある。 はじめは慌てたが、うんちが自分で
出せない時の現象だと判明。 確かに苦しいと思う。
出してあげると気持ち良さそうな顔をする。そう見えるだけかも知れないが。

9月29日(火)
諦めない。

9月28日(月)
瑠南頑張る。漢方薬を塗りまくっているが、腫れは少し引いてきた気もする。
そう思いたいとしたいのが自分でもわかる。でもまだわからない。
瑠南はすさまじい生命力を持った猫かも知れない。そうに違いない。

9月27日(日)
現在瑠南の顔は癌のため、お見せし辛いのでなかなか画像は公開出来ない。
感染症を防ぐため衛生面に気を使っている。子供が見たらトラウマになると思うが
私にとってはたまらなく可愛い。 このままで良いのでいつまでも一緒にいたい。

9月26日(土)
瑠南は身体は動けないが舌としっぽを使っていろいろサインを送ってくれる。
お水、ごはん、おしっこ出た、など。 精一杯動くところを使って伝えてくれる。
でも今日のうんちが溜まって苦しい、はわからなかった。 ごめんね。

9月25日(金)
瑠南は小さ過ぎて軽過ぎて抱くのがこわい。 きっと以前は足の長い
カッコ良い黒猫だったに違いない。 何とかしてもとに戻してあげたい。

9月24日(木)
瑠南の身体か冷えないように常に気を付ける。手足がすごく冷たくなる。
夜は抱いて寝るので寝返りが出来ないが、瑠南の寝息が心地良い。

9月23日(水)
瑠南の体重は1,5Kg。でもごはんの催促はする。すごい生命力。
今までのわかっていると思っていた猫介護の常識がことごとく崩される。

9月22日(火)
瑠南はかなり衰弱している。でも負けない。不死身の猫。
瑠南の応援ありがとうございます。 瑠南は全力を振り絞って生きてます。

9月21日(月)
今日はチャットの月命日。 三平ストアの唐揚げは冷凍してあるので毎月
1個ずつ解凍してお供え予定。 瑠南を守ってあげてね、チャット。

9月20日(日)
瑠南の食事は現在クリティカルリキッドのみ。チュールの固さも喉を通らない。
でも美味しいらしい。もっと欲しいと舌を動かす。お水も良く飲んでくれる。
でも立ち上がるどころか寝返りも出来ない。おむつ常備となった。
このままでも生きていてくれればそれで良い。今は良い寝息を立てている。

9月19日(土)
瑠南は口が閉まらないので、寝てる間に直接腫瘍に冬虫夏草をササヘルスで
溶いたものを塗る作戦だがプラス皮膚の腫れたところにも塗る。これは飲ませても
いるので体内、体外、粘膜と3ヶ所からの攻撃。何とか腫瘍の成長を止めたい。

9月18日(金)
瑠南が来て2ヶ月半。感染症や経済的な事で誰もが大変な時。
こんな小さな命でも精一杯頑張ってる事を教えてくれた。 瑠南に感謝。

9月17日(木)
瑠南はだんだん飲み込む力が弱くなってきた。 鼻チューブも考える。
瑠南が一番ストレスの無い楽な状態にしてあげたい。

9月16日(水)
瑠南は女性のお客様の声がすると上半身を起こそうとする。
きっと以前は女性に可愛がってもらっていたのだと思う。
その人が迎えに来るのを待っているのかも知れない。

9月15日(火)
昨日切った場所から溜まったものが出てくるので口が気持ち悪いらしい。
口を気にしている。もしかしたら痛いのかも知れない。でも栄養剤は飲める。
9月14日(月)
瑠南、ガマ種のせいでかなり呼吸が苦しそうになった。
お店なので最初に行った病院に連行。ガマ種をレーザーで切ってもらった。
呼吸が楽になったばかりか舌の動きも良くなった。ひとまず良かった。

9月13日(日)
瑠南のお話しチャットと瑠南の物語」UPいたしました。
これは小山奈緒(noa)さんと琴坂映理さんが描いてくれたものです。
ありがとうございました。 瑠南はまだ頑張ります。

9月12日(土)
瑠南はくちを開けたまま寝てるので、寝てる間にササヘルスにコルディを混ぜた
ものをそっと口に流し込んで直接患部に浸す。 溺れない様に少しずつ。
この程度では瑠南は起きない。 少しずつ腫れが引いて来た気がする。

9月11日(金)
瑠南復活。 と言っても「最悪」から「悪い状態」に戻っただけ。
一時は首がだらんとしてもうダメかと思われたが、キドナとカロリーエースと
コルディと水を無理やりガンガン流しこんだらどうにか甦った。
気管に入ると危険なので真似はしないで下さい。
私のやってる事はもはや介護では無く賭けだと思います。
瑠南は朝、私の腕枕で寝ていた。

9月10日(木)
瑠南は昨夜急に容体が悪化した。最悪を覚悟した。どうにか持ちなおしたが
自力でお座りも出来なくなってしまった。水さえ飲むのも辛そうになってきた。
どうにか栄養を取らせたいので肉系フードから乳製品フードに替えてみた。
消化吸収が良いはず。 うんちも力めなくなったので、かき出してあげた。
きみとはまだ出会ったばかり。 瑠南、もう少し一緒にいよう。

9月9日(水)
瑠南、1,7Kgになった。今まで猫にこんな大量の強制給仕はした事が無いのに。
体重減少が止まらない。強制給仕の時間を2時間おきに帯を縮めてみる。
思いつくこと、やれることはやってみる。まだ時間はあるはず。

9月8日(火)
チャットはいつも瑠南と一緒にいる気がする。瑠南はチャットに守られている。
同じ高円寺の野良猫なので、どこかで血が繋がっているかも知れない。

9月7日(月)
外出する予定があったので瑠南のために助っ人を呼んだ。猫の介護慣れ
(慣れたくはないと思うが)をしてる作家さんがいるのでこんな時は助かる。
瑠南も女性が好きらしい。 女性の世話になっていたかも。

9月6日(日)
瑠南のトイレ成功率は45%。薬のせいだとは思うが目が離せない。
ずっとおむつでも良いのだが、なるべく清潔な状態にしてあげたい。

9月5日(土)
瑠南は猫用トイレの枠が乗り越えられないので、トレーの上にシーツを敷いて
四隅をマグネットで留めたバリアフリートイレにした。そしてその上に猫砂を
ひとにぎり捲く。 トイレを場所で憶えているのできっとうまくいく、はず。

9月4日(金)
ガマ種の外科手術は瑠南は不可能なので、針やメスを使ったが溜まったものを
抜く事は出来なかった。でもその後小さくなったような気がするので、傷がついた
ところから少しずつ出てるかも知れない。
良かった事もあった。10日ぶりに自力で水が飲めた。

9月3日(木)
瑠南の舌の下に白い風船状のものを発見。かなり大きい。ガマ種だった。
ますます口の中が狭くなってしまった。もうこれ以上何も起きないで欲しい。

9月2日(水)
瑠南の神経症状がひどいので今日から薬に頼ることにした。抗不安薬と鎮静剤、
それにステロイドを再開。体重は1,8Kgまで落ちたが穏やかに寝てくれてる。

9月1日(火)
夕方瑠南の様子が突然おかしくなった。急におかしな声を出して座布団の上に
うんちとおしっこを漏らした。ひどく怯えているようだった。おそらく突然怖かった
記憶がよみがえったのだと思う。 その後撫ぜたらしばらくして落ち着いた。
      
8月31日(月)
瑠南は夜中のトイレが出来なくなった。寝床で漏らしてしまう。
足を痛めたかも知れない。すっかり歩かなくなった。でも痛がる様子は無い。

8月30日(日)
瑠南は急に起きて左右を見る。何かを探してるような気もする。
もしかすると人かも知れないが、音とか声かも知れない。
それが不安なものなのか、安心出来るものなのか分からない。

8月29日(土)
瑠南の体調は日によって変わる。天気によって違うのかと思いきや
あまり関係ない様子。昨夜はトイレに行けなかったようで寝床でしてた。

8月28日(金)
油断したら今日はすごく暑かった。通勤途中で瑠南のキャリーに水をかける。
布製のリュックキャリーなので真夏は濡らして風を受けると中は結構涼しくなる。

8月27日(木)
瑠南にごはんをあげてる時は鳥のヒナにごはんをあげてる感じ。
お互いにコツを掴んだと言える。3時間おきの大惨事はなくなった。

8月26日(水)
1週間に100gずつ減っていた体重が初めて下げ止まった。現在1,9Kg。
ここから増やしていけば良い。何をすれば良いのか手探り状態だったが
だんだんわかってきた。瑠南もよくここまで頑張ってくれた。ありがとう。

8月25日(火)
瑠南は最近ケージの外の座布団で寝ている。ケージの中は嫌らしい。
とりあえず好きにさせているが、たまに30センチ下の床に落ちる。危ないので
柵を作りたいがきっと檻的なものが嫌だと思うので気に入ってくれないと思う。

8月24日(月)
瑠南は強制給仕を嫌がらない猫で良かった。起きてる時間3時間おき
1日6回のごはんなので1日中瑠南のごはんを作ってるような気がする。

8月23日(日)
瑠南が良く寝てくれるようになった。こわいので常時息をしてるか確認。
家もお店も安心出来ると理解してくれたのなら、それで良いのだけれど。
現在100%強制給仕になりました。飲み込むことも出来なくなる可能性も。
でもこんなに痩せているのに抵抗する力はある。特に首の力がすごい。

8月22日(土)
今日は店内でタロット占いをやっていたので瑠南も占ってもらった。
未来は私が作るので、私の知らない過去を見てもらった。
飼われてはいたが飼い主は何人も変わり、いろんな場所を転々として
一か所に落ち着いたことが無かったらしい。 ここで落ち着くと良いね。

8月21日(金)
今日はチャットの月命日。今月は誕生日、旧盆、月命日と盛り沢山。
瑠南もいつもより良いものが食べられる。食べられる範囲内だけど。

8月20日(木)
お店の瑠南の部屋を隣にお引っ越し。これでチャットのように常時見える。
左目が少し見えるようになってきたみたいなので、かえって不安を感じるらしい。

8月19日(水)
瑠南に布団でおしっこされた。 膀胱炎が完治していないのか、それとももともと
「布団しっこ猫」なのかわからない。布団しっこは仔猫戻りとも言われている。
布団でおしっこされたので追いだした、という話しを昔良く聞いた。
猫としては安心できる場所を見つけただけなので、わかってあげてください。

8月18日(火)
瑠南が寝てくれないので寝床ごとレジ横に置いたら寝てくれた。
瑠南のケージはレジから見えないので、私が見えなくて不安だった
のかも知れない。 チャットもいつも寝ながら薄目で私を見ていた。

8月17日(月)
瑠南の血尿と頻尿は止まった。おむつも取れた。良かったのだが
また最初からトイレを覚えさす事になった。すぐに思い出してくれるはず。
8月16日(日)
瑠南はお腹がすくと可愛い声で鳴くようになった。そして要求が通らないと
お水をやけ飲みする事もわかった。目での訴えがないと意外とわからない。

8月15日(土)
瑠南くん今日はおとなしい。ゆっくり寝て食べたものを血と肉にして欲しい。
店内パトロールはしなくて良いから。お店の間取りを教えたのが失敗だった。

8月14日(金)
カウンター内をケージ化した。具合が悪くてお客様の多い時用。
キャリーも置いてあるので中で休める。キャリー好きな猫で良かった。

8月13日(木)
瑠南くん病状は落ち着いているが油断は出来ない。
今日は入れ替えなのでお店の中を自由にさせている。
黒猫はうっかり踏みそうになる。常にどこにいるかチェックしながら作業。

8月12日(水)
おむつになってわかったがおしっこに血が混ざっている。膀胱炎だった。
初めから疑ってはいたがおしっこがいつも小量なので気が付かなかった。
さらにお水を飲むと沈んでいくようになった。 これはチャットの時と同じ。

8月11日(火)
瑠南くんおむつ猫になる。トイレに行くこともあるが常時漏れている。
ジャッコ姉さんの使っていたSSサイズが捨てずにあったので助かった。
体重は2Kgまで落ちた。もう後が無い。

8月10日(月)
今日は瑠南くん不調。突然連続失禁状態になる。しかも寝ない。
脳神経のいたずらと思われるが、チャットも良くなる前にこんな事があった。

8月9日(日)
5日ぶりに瑠南が長距離(約1メートル)を歩いた。ステロイドが効いたか。
でも前のようにまっすぐ歩けない。どうしても左回転になってしまう。
首がふらつくのでごはんの時、お椀に顔を入れるのも難しいらしい。

8月8日(土)
瑠南はひっくり返っても自分で起きようとしている。危険でない限り手は出さない。
トイレは最後の一歩が入れないので手伝う。瑠南は嬉しそうな顔をしてくれる。

8月7日(金)
瑠南はふらつきながらも歩くコツを覚えようとしている。でもひっくり返る。
夜中でも30分に1度は起きるので寝る間が無い。頼む、朝まで寝てくれ。

8月6日(木)
瑠南が来てから初めてのお休み。瑠南と1日お家で過ごした。
好きな所に行かせていたが、やはり黒猫はうっかり踏みそうであぶない。

8月5日(水)
瑠南の容体が急変した。おそらく脳神経の異常。ある程度覚悟はしていたが
びっくりするくらい食べるのに痩せていく。現在2,2Kg.。これ以上落としたくない。
瑠南の身体は闘っている。出来る限りの応援はするが辛い思いはさせたくない。

8月4日(火)
猫の「脳腫瘍」の症状を調べたら、ふらつき、失明、過食などもあった。
まだわからないが、たくさん食べる事で喜んではいけなかった。
たくさん食べたのはいくら食べても脳が満足出来なかっただけかも知れない。

8月3日(月)
保護して1ヶ月。瑠南のダイナミックな食べ方がまだ治まらない。
顔中で食べるのですごいことになる。飢餓状態の記憶はなかなか消えない。

8月2日(日)
瑠南はか細い声だが鳴くようになった。膝を叩いて呼ぶと来るようになった。
短期間でいろいろな技を習得した。 明日は何をしてくれるのだろう。

8月1日(土)
瑠南は貧血のため朝が弱いらしい。いつも朝ぐったりしてるので慌てていたが
30分もするとごはんを食べだす。朝の光がわからないせいもあるかも知れない。
明け方とともにごはんの催促をしたチャットとは勝手が違うコーヒー色の猫。
    
7月31日(金)
瑠南のしっぽはタヌキしっぽに見えますがピカチュウしっぽです。
90度に3回ほど曲がっています。伸ばすとチャットぐらい長いと思われます。
瑠南が歩く 爪を砥ぐ 雑巾の上で落ち着く

7月30日(木)
今日は展示の入れ替えなので瑠南くんも出勤。
仕事中ちょくちょく見ていたがおとなしくしている。まるでチャットと同じ。

7月29日(水)
瑠南はお店の中を探索してる。憶えるのが早い。
お店の中の4分の1ぐらいはぶつからずに歩けるようになった。

7月28日(火)
瑠南くんはお店の中を歩き回れるようになった。閉店後はケージから出る。
チャットと同じ感じになってきた。 しかもチャットと同じところで爪を砥ぐ。

7月27日(月)
瑠南くんの顔の腫れが引いてきたので顔がわかるようになってきた。
意外と男前かも知れない。チャットが連れて来ただけの事はある。
このままどんどん元気になってカッコ良い黒猫になってくれ!

7月26日(日)
瑠南くん良く食べる。 通常は痛くて食べられない口内に見えるのだが・・・。
どんな状態でも何でも食べる猫が猫の額には来ると言う事らしい。

7月25日(土)
久しぶりにチャットのお世話になった病院に瑠南を連れて行った。
ジャッコさんの時からお世話になってるので25年は経っている。
ここでいろいろ教わった。その知識は今でも役に立っている。

7月24日(金)
瑠南は目が見えている時が会ったはず。
寝ている夢の中では見えているのだろうか?
楽しかったころの夢を見ているのだろうか?
目が覚めて起きると何も見えないのではあまりにも切ない。

7月23日(木)
腰をやった・・・。 じつは猫トイレの掃除は久しぶりだったので油断した。
チャットは長いことペットシーツを敷いておしっこをしぼっていたので、
猫トイレさえ買うのも久しぶりだった。

7月22日(水)
瑠南は何とか歩けるようになった。自宅でふらふらとどこへ行くのかと
思ったらチャットのところへ行って寄り添うように寝てしまった。


7月21日(火)
今月のチャットの月命日からチャットに感謝する猫が1匹増えた。
みんなでチャットのために、チャットの代わりに、美味しいものを食べよう。
定番の唐揚げのお供えも忘れない。これだけはずっと続ける。

7月20日(月)
明日はチャットの月命日。
瑠南に逢わせてくれたことに感謝をしなければ。
今チャットは瑠南を守ってくれている。 きっと瑠南にはチャットが見えている。
        
2匹一緒に並べてみたかった。

7月19日(日)
自分でごはんが食べられて、自分で歩いてトイレに行ければ、それだけで良い。
目が見えない事ぐらい何でもない。私が瑠南の目の代わりになる。

7月18日(土)
瑠南をたまにチャットと呼んでしまう。お薬を作ってる時も不思議な感覚。
生きることをまた応援出来る日が来るとは思わなかった。
瑠南にはいつもチャットが見える。

7月17日(金)
熱が出たり下痢をしたりと心配な瑠南だったが今日は食欲が戻った。
きっとこれを繰り返す。少しずつ良くなれば良い。 チャット、頼む!

7月16日(木)
現在背中にチャットを担いで、前抱えで瑠南を抱えて自転車に乗っている。
雨の日はけっこうきつい。当分続けて無理そうなら何か考えよう。

7月15日(水)
瑠南くん今朝からごはんを食べなくなった。この2週間だけでも奇跡。
「奇跡は起きるがその状態を続けるには努力と運しかない。
 そして努力と運によってまた奇跡は起きる」 (チャット;談)
7月14日(火)
チャット2回目のお盆。おはぎを買おうと思ったらチャットが大きなおはぎをくれた。

7月13日(月)
家のチャットのケージは1年2ヶ月そのままだった。今では弟分の瑠南が使用。
お椀やブランケットもチャットのお下がり。捨てられなくて良かった。
こうなるとは10日前まで思いもしなかった。 ある日突然日常が変わる。

7月12日(日)
瑠南、本日より家に連れて帰る。家では薬やサプリや栄養剤、そして口のケアや
消毒をを中心にして、お店ではごはんと睡眠中心にするつもり。ほぼチャット。
ちなみに瑠南は小さいけど仔猫ではありません。年齢不詳ですが成猫です。

7月11日(土)
瑠南はだいぶ猫らしくなってきた。そろそろ通勤猫になってもらおうと思う。
背中のリュックにはチャット(まず第一)、前抱えのキャリーには瑠南。
自転車には通勤リュックをハンドルに縛り付ける。(自転車かごは付いてない)
というスタイルになるが仕方がない。瑠南が軽いので良かった。。
    
のり弁 狭いところがいいそうです


7月10日(金)
チャットのキャリーで瑠南病院。体重が100g増えていた。
しばらくこのまま栄養強化のごはんで体重を増やすのを目標とする。
おとな猫で2,5Kgでは口の治療も去勢も危険。チャットぐらい大きくなれ。
個展中の琴坂さんがチャットと瑠南の漫画を描いてくれた。かわいい。。


7月9日(木)
明日で瑠南を保護して1週間。薬が切れたので明日夕方病院へ行きます。
その後の目と口の具合を診てもらいます。
体重も増えていると良いのですが・・・。
16:30~17:30ぐらいは瑠南も私もお店におりません。
チャットのキャリーを使います。チャット、瑠南を守ってあげてね。


黒いのでいまだに顔が良く分かりません・・・。

7月8日(水)
瑠南がトイレを使う確率は50%。 チャット、教えてあげてくれ。
食欲に関しては教わったらしい。歯が無いのにすごい。

7月7日(火)
チャットとジャッコと瑠南に結婚記念日を祝ってもらった。
出会いと別れはこれからも続く事に確信が持てた。

7月6日(月)
この3~4日仕事が止まった。みなさんごめんなさい。でも瑠南は元気です。
チャットが連れてきたチャットの子分なので、チャットと一緒にお世話をします。

7月5日(日)
黒猫3日目。薬も飲めるし身体も拭かせてくれる。だがトイレはまだ覚えない。
年齢はまだ具合が良くないのではっきりしない。2才~10才ぐらい?
チャットに応援してもらうようにケージ内にチャットの絵を飾った。


7月4日(土)
黒猫2日目。 困っていたのできっと背中のチャットが呼んだのだと思う。
とりあえず車に轢かれなくて良かった。チャットはどこまでも優しい猫。

7月3日(金)
朝通勤途中で目の見えない黒猫を保護した。 私もチャットもびっくり。
車の多い道の真ん中でぐるぐる回っていた。歩道に寄ったかと思うと壁に
ぶつかりまくっている。駐車場に入ってのでとりあえずキャリーも無いので
お店に行って前の美容院でキャリーを借りてから猫のいた場所に戻った。
いなかったら諦めようと思ったがいた。通りがかりの人と連携プレーで
素早く捕獲。病院へ直行。 黒猫、全盲、体重2,4kg,、♂、歯は1本も無し。
エイズ陽性、年齢不詳。 詳しくは近くご報告します。 
今はお店のケージで寝ています。 今後の事はまるでわかりません。

7月2日(木)
現在展示会中の琴坂さんの個展はチャットの絵が盛り沢山。
チャットは海賊船の船長という設定。海賊はもともと義賊。正義の味方。

7月1日(水)
チャットのお盆飾りの精霊棚と行燈が出来た。後はお供え物を作るのだが、
考えながら作るので何が出来るかわからない。すべてミニチュアになる予定。
         
6月30日(火)
今でもチャットの事を大切に思ってくれる人がいる。すごく嬉しい。
もっとチャットにいろいろしてあげたかった。でも猫の寿命は人に比べて
短かすぎる。人が長すぎるのか。 でも「幸せ」は生きた長さでは無い。

6月29日(月)
チャットのお盆飾り制作中。今年の行燈は電気が点く設計にした。
少しずつしか作れないが7月7日までには全部完成させたい。

6月28日(日)
猫の額はチャットが快適に暮らせるようにチャットハウスを中心に
設計したので、チャットがいない今、初めて来た人には変な作りの
お店という印象に映るに違いない。それで良い。

6月27日(土)
人によって違うと思うが私の場合、記憶はすべて動画(音声付)。
一度再生されるとyou tubeのように終われなくなる。
そして今日も眠れなくなるが、チャットの動画は楽しいのでそれで良い。

6月26日(金)
とりあえず今年もチャット主催の「七夕の願い事募集」をいたします。
メールで送ってくれればこちらで書いて飾ります。いつも雨に濡れて
しまうので今年は店内に飾ります。よろしくお願いいたします。(郵送可)

6月25日(木)
東京のお盆は7月なのでもうすぐ。昨年は新盆だったので盆飾りも
ゴージャスになってしまったが今年はどうするか思案中。

6月24日(水)
チャットを抱いている夢を見た。久しぶりに重かった。
抱かれることはあまり好きではない猫だったが、今はとてもおとなしい。

6月23日(火)
コロナもだいぶ落ち着いて来たので、チャットに会いに来るかたも増えた。
チャットは今も招き猫をしてくれる。申し訳なさと感謝の気持ちが交差する

6月22日(月)
雨でジーンズが濡れたのでお店にある予備に履き替えた。
膝に乗っていたチャットの爪で左だけボロボロになったジーンズだった。
油断すると突然チャットとの思い出のものが出てきて泣く。

6月21日(日)
チャットの月命日。1年と2ヶ月経ってしまった。今日は唐揚げの日。
このまま毎日チャットと離れた日が増えて行くと思うと悲しいね、チャット。

6月20日(土)
日記の日にちと曜日がずれていた事に気が付いた。疲れてる・・・。
4日がかりの発送作業が終わった。チャットに邪魔されないのが寂しい。

6月19日(金)
今年も半分終わる。 この春はゆっくりチャットを偲びたかったが
何だか分らないうちに過ぎてしまった。 何があっても季節は巡る。

6月18日(木)
1日お店にこもって入れ替え作業。 私の仕事は大変なのだが
チャットはとても楽しそうにしていた。 仕事(接客)しなくて良い日。

6月17日(水)
忙しくて日記書く前にパソコン閉めてしまった。 チャットごめん。

6月16日(火)
帰り路でよく見かける茶トラが3匹いる。どの子も顔が全く違う。
外猫達の判別は通常柄で出来るが、茶トラは顔で判別してる。
6月15日(月)
いままで生きてきた側らにはほぼいつも猫がいた。
いつも偶然の出会いと突然の別れの繰り返し。
この繰り返しはこれからも続くのか、それとも終止符が打たれたのか。

6月14日(日)
雨の日曜日。爆睡チャットが懐かしい。
お客様も猫だとは気が付かないほどのただの丸だった。

6月13日(土)
今年の紫陽花は特に奇麗な気がする。梅雨でも悪いことばかりではない。
チャットとの通勤で四季の花々に目を向けるようになった。

6月12日(金)
前のお店が取り壊しで引越しした時に、一番辛かったのはチャットとの
想い出の場所が無くなるという事だった。 今チャットはいないが新しい
想い出がこのお店にはある。 この場所をいつまでも大切にしたい。

6月11日(木)
今日はジャッコのお母さんアイシャの命日。23年経った。お骨はお家で
今も親子で並んでいる。 チャットだけはお気に入りのソファーの上。

6月10日(水)
お店の近くを歩いていたらキジトラが外の日陰で寝ていた。窓辺では
茶トラが寝ていた。 キジトラと茶トラしか目に入らないのかも知れない。

6月9日(火)
猫の額が引越ししてリニューアルした日。チャットのスペースが取れるので
ここに決めた。そしてチャットとの新しい生活も始まった。 昨日の事のよう。

6月8日(月)
道に転がってたバスケットのボールが茶トラ猫に見えた。
もうダメかも知れない・・・。

6月7日(日)
夜中に蒲団の一部が重くなることが何度もある。おそらくチャット。
目を開けると消えてしまいそうな気がして確かめる勇気が無い。

6月6日(土)
夕方から雷がすごい。阿波踊りがこわいチャットだったが
どんなに爆音でも雷の音は全然平気で寝てた。 そんな猫も初めて。

6月5日(金)
最近レジの調子が良くない。3台目なので大体6年で壊れる計算。
今のレジはチャットがいた頃に買ったもの。なのでもう少し使いたい。

6月4日(木)
久しぶりの大人数の展示会で深夜0時を回った。
仕事中のチャットはおとなしく待っていた。
ついチャットハウスをチェックしてしまう。

6月3日(水)
いきなり夏が来た。チャットとの夏の通勤を思い出す。
キャリーの中で熱中症にならないようにいろいろ工夫した。
そしてたくさん風があたるように全力で自転車を漕いだ。

6月2日(火)
去年と違うのはチャットの身体が有るか無いかという事。
有っても無くてもチャットは居る。 居てくれる。
身体が無くても気にするな、チャット!

6月1日(月)
どこのお宅の猫もそうだと思うがチャットも雨の日は爆睡。
雨の日は体力の消耗を抑えるため確率の低い狩りはお休みという本能。
チャットの触っても起きない姿は本能が残ってるのか無いのか
定かではなかった。
     
5月31日(日)
これからもチャットは一緒に居てくれるという思いと、不自由な生活を
させてしまった後悔の思いが交互にやって来る。どちらもどんどん膨らむ。

5月30日(土)
チャットがいない生活。ぜんぜん慣れない。
でも新しい子と暮らすことなど想像も出来ない。思考のクレバスに落ちた。

5月29日(金)
お店は現在ドアがオープン状態。しかしお客さんではなく蚊が入って来る。
チャットが居たころは使えなかったベープマットを引っ張り出してきた。

5月28日(木)
気が付くといつの間にか紫陽花が咲いている。 もうそんな季節。
いつもチャットと四季の花の移り変わりを見ながら自転車に乗っていたが
今年は春の花は見ている余裕は無かった。

5月27日(水)
よくお客様がチャットを撫ぜて「久しぶりに猫を触った」と言っていた。
近所に触れる猫もいるが、この1年まだ他の猫を触ることが出来ない。

5月26日(火)
チャットはとんでもなく良い猫だったが、ジャッコも果てしなく良い猫だった。
どの猫達もみんな頭がよく優しく穏やかだった。 みんな忘れない。

5月25日(月)
チャットの一周忌に来れなかった人が次々と来てくれる。
一周期は世の中来れる状態ではなかった、でもみんな憶えててくれた。
とても嬉しい。ありがとうございます。

5月24日(日)
チャットがいなくなってからなぜか世の中が目まぐるしく変わる。
チャットと暮らした楽しかった10年があるので何が起ころうと耐えられる。

5月23(土)
通勤途中に見かける茶トラが何匹かいる。なぜ茶トラばかりと思うが
茶トラしか目に入っていないのかも知れない。 みんなフレンドリー。

5月22(金)
チャットは優しい猫だったのでジャッコやアイシャに気を使ってくれる。
大丈夫、みんな同じように思ってるから。

5月21日(木)
今日はチャットの月命日。お花と唐揚げは定番となった。
人は1年経つと月命日はあまりしないそうだが、チャットのためには
まだ止められない。 でもそれは自分の問題だとは理解してる。

5月20日(水)
毎日仕事が山盛りで頭が痛い。チャットがいたら相手にされなくて
きっとすねているだろう。悪いとは思ったがそんな姿も可愛かった。

5月19日(火)
今度はジャッコ姉さんが単体で夢に出てきた。
やはりかなりリアルな登場だった。
もしかしてチャットが呼んでくれてる気もする

5月18日(月)
夢に22年前に亡くなった猫が出てきた。
かなりリアルな夢で、毛なみや抱き心地も懐かしかった。
多くの猫達の看病や介護がチャットのために役立った。
みんなに感謝しなければいけない。そして忘れない。

5月17日(日)
気が付いたら歳月が流れていた。。 
気が付いたらみんないなくなっていた。

5月16日(土)
チャットが寝てる時にチャットのお腹によく顔を埋めた。
チャットは寝たふりをしていてくれた。とても良い匂いがした。

5月15日(金)
元気で丈夫で健康だったチャットがある日突然下半身不随になった。
自分がどうなったのか分らなくて不安そうに鳴いていた。
その時のチャットの顔が忘れられない。チャットに不安を与えない様に
必死で笑顔を作っていた事が突然甦る。 泣きたくなるが泣けない。
5月14日(木)
チャットがいない生活が1年以上続いてる。ジャッコ姉さんが亡くなった時
チャットがいてくれたことに本当に感謝した。今は見送った猫達みんなに
感謝してる。今までろくに思いだしてもあげれなかった子達もちゃんと
思いだしてあげれるようになった。 みんな、ありがとう。

5月13日(水)
たくさんの作家さんがチャットの絵を描いてくれる。
おそらく店内にあるチャットの絵で展示会が出来る。でも全部非売品。

5月12日(火)
チャットは顔の表情が豊かだった。 だが「喜怒哀楽」の「怒」は無かった。
特に意表を突かれた時の顔が可愛くて、遊びをいろいろ考えた。

5月11日(月)
チャットがいないのは寂しいが、やりきれないのはそれだけでは無い。
チャットとの約束が守れなかった事がいつまでも悔やまれる。
絶対にもう一度歩けるようにしてあげる、と約束したのに出来なかった。

5月10日(日)
チャットの写真はシャットの居た場所に飾ってある。だがそれは写真。
チャットの感覚はなぜか右肩にある。左肩にはジャッコを感じる。
いつか自分が終わる時まで一緒にいてくれることを願ってる。
その時は一緒に旅立ちたい。

5月9日(土)
最近は近くのかたのお客様が多くなったが、チャットがもういない事を
知らなかったかたもいる。もう一度会いたかったと手を合わせてくれる。
いつ来てもここにはチャットがいると思ってるかたも多い。
私もそう思っている。

5月8日(金)
昨日はきれいな満月だった。満月の日にたくさんの命が生まれというが
チャットは満月の次の日の夜に旅立った。つまりイースター(復活祭)の日。
古い命が死んで新しい命が生まれる日。 もしその日を選んだとしたら
チャットは今、新しい肉体を持ってどこかにいるかも知れない。

5月7日(木)
展示会入れ替えもチャットも同伴。 たまに言われるが骨を持ち歩くのは
良くないという考えもある。 いつまでも断ち切れず前に進めないという
考えだと思う。 でもご安心ください、私は常に前進あるのみです。
やりたいことをやっているだけで、仕事や生活に支障をきたすことは無いです。

5月6日(水)
今日は雷がすごい。チャットは自然の音は大きくても全然平気だった。
お祭りの太鼓とか車の音とか、ストレスのある人為的な音は嫌っていた。

5月5日(火)
チャット日記更新しましたのでこちらをご覧ください。
チャットの端午の節句です。

5月4日(月)
面白い現象が起きている。近くに住んでいて、今まで気にはなっていたが
入った事がなかったというお客様が増えている。 もっと早く入っていたら
チャット君にも会えたのにと言ってくれる。こんな時期にも良い出会いはある。

5月3日(日)
仏前には花を飾る。花は蕾からきれいに花が咲いて、だんだん萎れて
やがて枯れる。言葉ではなくてもこれを見ていると命というものがわかる。
そのために花を飾るということが分かったのは最近の事。

5月2日(土)
チャットが寝ている時の寝顔を見てるの好きだった。
私の視線は分かるのだと思う。よく薄目で私を見ていた。

5月1日(金)
チャットはきっとお店を守ってくれている。
私もチャットの魂と存在をを守ってあげなければいけない。
きっとチャットはお店だけでなくみんなを守ってくれている。 
      
4月30日(木)
今日で4月も終了。慌ただしかった。 ゆっくりチャットを偲ぶ事も
ままならなかった。 来年の3回忌は平穏に出来ることを祈るだけ。
そうそう、GWの時は木曜でも営業してチャットも出勤してたが、
行く時に「え、今日お店いくの?」という顔をしていたのを思い出す。
曜日を理解して定休日が解っていた賢い猫でした。 =^Å^=

4月29日(水)
GWはいつもなら地方からのお客様がたくさん来る。年に1度チャットに
逢いに来る方も多かった。残念だが仕方がない。でもGWは来年もある。

4月28日(火)
チャットは今を一生懸命生きるという事を教えてくれた。
ネガティブに考えたらきりがない。 今は出来ることを一歩ずつ。

4月27日(月)
チャットの夢は何だったんだろう。きっと毎日同じ日常が続く事だった思う。
私の夢も同じ。 幸せは過ぎてから気が付くものなのかも知れない。

4月26日(日)
チャットは体重の割に身が軽かった。片目なのに間合いもとれた。
足も速く止まれずに壁にぶつかって止まる。そんなチャットが夢の中で
ダッシュして私の胸の中に飛び込んで来た。久しぶりに良い夢が見れた。

4月25日(土)
今日からGW。寂しいGWになるかと思いきや意外と高円寺は元気。
もともと住んでいる人が多い生活商店街。しかも今はみんな家にいる。
みんながお昼のテイクアウトを買いに行くだけで商店街は人だらけになる。
マスコミは悪意のある画像を流してるとしか思えない。J Rに人はいない。
一見変な人は多いが悪い人はいない。こんな街だからチャットも5年間
野良猫をやってこれた。そして長く愛してもらえた。

4月24日(金)
この連休はいつも「びっくり大道芸」がありチャットもビビってた。
今年はイベントがすべて無く静か。 チャットはゆっくり寝ていられる。

4月23日(木)
不安な時や困った時はチャットの写真を見てください。
きっと頑張る勇気をくれると思います。

4月22日(水)
昨夜はずっとチャットを膝の上に乗せていた。 あの時間5分ほど
ずっと手を合わせていた。  膝の上のチャットが温かく感じた。

4月21日(火)
今日はチャットの命日。 思い出だけで人は生きて行ける。
でもそれは楽しい思い出だけ。すべてを楽しい思い出に替える必要がある。
チャット日記更新しました。

4月20日(月)
こんな時なのに多くのかたがチャットの命日を覚えていてくれる。
1年前の今日、チャットは生きていた。あの時の状況、あの時の
チャットの顔を思い出すと無力な自分に腹が立つ。そして悲しい。

4月19日(日)
チャットは猫の額そのものだった事を再確認。
今でも応援してくれるすべてのかたに感謝。
東日本大震災の時にお店を辞めなくて本当に良かった。
その後多くのかたと出会う事が出来たのでもう少し頑張ろうと思う。

4月18日(土)
猫の額はチャットのお家だったので守ってあげたい。
そのために思いついたことや考えたことは即実行しなければ。

4月17日(金)
やむなく営業時間を5月6日まで2時間短縮。これがプラスになるのか
マイナスになるのかわからない。とりあえずやるだけのことはやる。
チャットに恥ずかしくない様にやる。 頑張るしか無い。

4月16日(木)
久しぶりに休んだ気がした。 ね、チャット。

4月15日(水)
チャットには謝りたいことが山ほどある。
チャットのためにしてあげたかった事は半分も出来ていない。
溢れるくらいたくさんの事をチャットにしてもらったのに。
4月14日(火)
ジャッコ姉さんの命日。亡くなった時はチャットが慰めてくれた。
東北の震災の揺れで恐怖のため首から下が動かなくなっていた。
そんな身体でも1ヶ月以上頑張ってくれた。病気もあまりしなかった
丈夫な子だったが最後の1ヶ月はかわいそうだった。
悲しんでいるとチャットが「元気出せ、俺がいる!」と言ってくれた。
そんなチャットももういない。

4月13日(月)
雨の日の自転車は結構面倒くさい。よくチャットを待たせて鳴かれた。
普段は鳴かない猫なのだが、こういうときの声はでかい。(病院とか)

4月12日(日)
今日はチャットの幻のお姉さんジャッコさんのお誕生日。
猫のお産を手伝ったのは2回目だったが、22年間生きてくれた猫は
初めてだった。 チャットもそれぐらいは余裕と信じていた。

4月11日(土)
今年の桜は早く散ってしまった。 いや、去年の桜が長く持っていただけ。
チャットを応援するかのようにいつまでも長く持っていてくれた。

4月10日(金)
私は喋るのが苦手なので言葉や気持がうまく人に伝えられない、
との自覚がある。
きっと小さい頃から動物とばかり付き合っていたので人間同士の
会話が苦手になってしまったのだと思う。
この能力(?)は年齢とともに増幅傾向にある。
チャットは今まで一緒にいた動物の中で一番会話が出来た。4月9日(木)
猫の額は小規模小売店ですので営業は続けています。
現在外壁工事で足場が組んでありますが営業しています。
お店に来れないかたには全作品通販対応もしています。
チャットも応援してくれてると思いますので頑張ります。
みなさんに「癒し」をお届け出来るように頑張ります。

4月8日(水)
やたら猫の夢を見る。死にそうな仔猫の介護を泣きながらしていた。
チャットも出てきた。耳から血を流していた。喧嘩をしたらしい。
その夢の中ではチャットはまだ野良猫だった時という設定らしい。

4月7日(火)
21日はチャットの一周忌。一週間前の14日はジャッコ姉さんの10回忌。
こんな時期だがこれだけはちゃんとしてあげたい。

4月6日(月)
青空に桜の花びらが舞っている。 とても静かで空気も澄んでいる。
別の世界に来てしまったに違いない。 早く元の世界に戻らなければ。
そこにはチャットもジャッコもみんないる。 きっとそれが本当の世界。

4月5日(日)
チャットにもマスクを頂きました。
(付ける場所が違うかも・・・)
お店の前にタンポポ咲きました。

4月4日(土)
こんな中、チャットに手を合わせに来てくれるかたがいる。今月の一周忌を
覚えてくれてるのはとても嬉しいけど、どうか無理をしないで下さい。

4月3日(金)
来週猫の額の建物は外壁の防水工事をするそうです。
定休日を使っての工事なので、お客様に迷惑はかからないと思います。
大家さんと不動産屋さんの希望で外壁の色も変わるそう。
今は白っぽい外壁だが何色になるんだろう?(チャットの希望も聞いて欲しい)
きっとお店の印象も大きく変わる。 みなさん通り過ぎないようにしてください。

4月2日(木)
ネギを切っていたらネギではなく薬指だった。爪ごとやった。
チャットの介護中にも親指を5針縫ったことがある。
いろいろ考えている時は包丁は持たないほうが良い。

4月1日(水)
この1年大変な事ばかり。 チャットは落ち着いたかな。
みんな大丈夫、きっと大丈夫。


3月31日(火)
明日から4月。21日はチャットの一周忌。これほど早い一年は人生初。
悲しく辛い一年だったがチャットに感謝の気持ちが絶えたことは無い。

3月30日(月)
チャットとの思い出の詰まった「夜間営業」ですが、4月はお休みします。
しばらくは定時にチャットと帰ります。 チャットとはいつも一緒。

3月29日(日)
雪だった。チャットを背負ってるしスリップがこわいのでノロノロ運転。
お骨が崩れないようにと、生身の時よりも気を使ってるかも知れない。

3月28日(土)
急にチャットの匂いを思い出すことがある。そんな時はきっとそばにいる。
匂いの記憶は一生忘れないらしい。 温かく優しい匂いの猫だった。

3月27日(金)
チャット日記更新しましたのでこちらをご覧ください。

3月26日(木)
東北の震災の時にチャットのためにペットボトルの水を探しまわった。
でもあの時はお水が無くて困ってる人にあげてしまった。

3月25日(水)
チャットとの通勤の道は学校や公園が多い。学校はひっそりしているが
公園には驚くほど子供がたくさんいる。 騒がしくてチャットもびっくり。

3月24日(火)
チャットは風や雷などの自然の音は平気だった。地震も震度4までなら
余裕で寝ていた。だが人為的な音(阿波踊りや車の音)は嫌いだった。
今でも通勤は遠周りでも車の少ない住宅街をチャットと自転車で走る。

3月23日(月)
去年の今ごろはチャットはこうだったな、とか毎日思い出しているが
もうすぐそれも出来なくなる。でもチャットへの想いは止むことは無い。

3月22日(日)
通勤途中に桜のトンネルがある。チャットと毎年楽しみにしていた桜。
満開の桜の下で息を引き取ったジャッコ姉さんの話をよくしてあげた。
チャットもこの時期を選んだ。ジャッコ姉さんとは1週間違いの命日。

3月21日(土)
あの日から11ヶ月経った。チャットのいない生活は未だになじめない。
自分の中では時が止まった感がある。無理して時計のねじを巻く気も無い。
時の止まった部屋は居心地は良いが、いつかきっと自然に動き出す。

3月20日(金)
明日はチャットの11回目の月命日。3月と9月はちょうどお彼岸にかかる。
春の牡丹餅も秋のお萩も命日にお供え出来るとは。チャット良かったねー。

3月19日(木)
チャットの使っていたブランケットの下に吐いたカリカリを発見。
この1年みごとに死角になっていて発見出来なかった。(隠してた?)
きれいに片づけたが久しぶりにチャットの世話をしたようで少し嬉しかった。

3月18日(水)
6年ぶりにお店に来たかたがいた。元気だった頃のチャットを知っている。
こんな大きな猫は初めて見た、と言っていたかたなのでよく覚えている。

3月17日(火)
チャットはよくお花を頂くが、生花には何だか分らない葉っぱも添えてある。
花が枯れた後も元気な葉っぱは鉢に移して土にさしてみるとたまに根付く。
先日葉っぱから直接花が咲いたのでびっくり。調べたら「ルスカス」と判明。

3月16日(月)
このところ姿を見せなかった通勤途中の茶トラが居た!元気そうだった。
チャットも安心。昔より穏やかな顔になってきたような気がする。
きっと優しい人達が世話をしているのだと思う。毛並みも良い。
3月15日(日)
今月も月命日が近づいてきた。ちょうどお彼岸に重なる。
唐揚げと牡丹餅を買ってあげる、チャットは甘いものも好きだった。

3月14日(土)
東京では雪の中桜の開花宣言がでた。たしかに雪でも比較的暖かい。
去年こうだったらチャットも楽だったと思う。毎日寒くてかわいそうだった。

3月13日(金)
今日もチャットの死を知らずに来たお客様がいた。チャットの事は悲しいが、
覚えていてくれて嬉しい、という気持ちが入り混ざって複雑な心境になる。

3月12日(木)
通勤途中に茶トラがいる。チャットもキャリーの中から良く見ていた顔見知り。
仔猫の時から知っているが最近見なくなった。毎日空地の前で探してる。

3月11日(水)
あの地震の日は忘れない。激しい揺れにチャットが悲鳴をあげていた。
チャットは何とか無事だったが、おしっこを漏らしていた。家のジャッコさんは
老体にとどめを刺され、お店はダメになりその後立ち退きで途方に暮れた。

3月10日(火)
チャットに逢いに冥界に行く夢を見た。でも行く準備の段階で目が覚めた。
寝る前にオルフェウスの話を思い出したからだと思う。 なんか単純。

3月9日(月)
この冬は去年より暖かい。花粉もたくさん飛んでるらしい。私もチャットも
花粉は大丈夫だった。でも最近は花粉よけのゴーグルをして自転車に
乗ってる。 花粉症はいままで大丈夫でも、ある日突然なるらしい。

3月8日(日)
雨の日は合羽を着て自転車出勤。 生チャットを背負ってた時は
チャットの視界が悪くなるので不満そうに鳴いていた。
ガタガタの道を走ると「ニャー」が「ニャニャニャニャニャニャ」となる。

3月7日(土)
このところ帰りにチビ猫をよく見かける。おそらく4か月ぐらい。
自転車を止めると当り前だが逃げてしまう。どうする?チャット。

3月6日(金)
今年の桜は早いらしい。桜は悲しい思い出が多すぎる。
今まで一緒に居た猫達はみんな春に生まれて春に旅立った。

3月5日(木)
今日は近くの公園でお弁当を食べた。風で飛ばされそうになった。
屋外は安全なのかお年寄りと子供が多かった。チャットは家でお留守番。

3月4日(水)
先に逝った命がその後どうなるのかはすべて想像の域を脱する事は無い。
自分で考えればそれで良い。その命とどう向き合ったのかは人それぞれ。
人それぞれの想像に「正しい」も「間違い」も無い。とチャットも言っている。

3月3日(火)
昨夜はジャッコ姉さんが夢に出てきた。と思ったら雛祭りだった。
いつもお祝をしてあげていた。今日はチャットと一緒にジャッコ姉さんの
雛祭りのお祝いをしてあげる。 チャットは5月5日にね。

3月2日(月)
雨の日の自転車通勤は辛い。でも満員電車の臭いのほうがもっと辛い。
チャットは電車に乗った事が無かった。 乗せたらきっと音で気絶してた。

3月1日(日)
普通猫の舌はざらざらしてるが、チャットの舌はなぜかつるつるしていた。
舐められても痛くなかった。 よく毛づくろいが出来たと思う。
        
2月29日(土)
チャットの魂がいつまでも私の身体の中で楽しく生き続けて欲しいと思う。
それには私が楽しく生きなければいけない。でないと居辛いはず。

2月28日(金)
帰り路は猫が多い。毎日チャットと一緒に観察していた。
外猫さんたちはチャットを見て不思議そうな顔をしていた。

2月27日(木)
久しぶりに飲みに行ったが、途中で一瞬チャットの事が心配になる。
いまだに介護を続けている錯覚に陥る。

2月26日(水)
チャットにはよく頭突きをされた。まともに鼻に当ると結構痛い。
甘えてるつもりでも体重があると破壊力がある。
よく足にしがみつかれて倒れそうになった事も思い出した。

2月25日(火)
昨年からチャットの代わりに食べた唐揚げの量は、それ以前の人生で
食べた唐揚げの量を超えていると思う。 チャット、満足してくたかな?

2月24日(月)
チャット日記更新しましたのでこちらをご覧ください。

2月23日(日)
チャットの声を聞いた事がないというかたが結構いる。たしかに営業中は
あまり鳴かなかった。でも体の大きい猫だったので声は大きかった。
思えば猫はみんな声も違うが、鳴き方はそれぞれまったく違う。

2月22日(土)
「猫の日」。 今頑張って生きている猫達だけではなく、またいつか
逢えるであろう猫達にも感謝する日。 チャット、ありがとう。

2月21日(金)
チャットの10回目の月命日。 ついに二桁になってしまった。
まだ手の中にはチャットの温もりがある。 いつまでも忘れたくない。

2月20日(木)
梅が満開。 四季折々の花は通勤途中にチャットと良く見ていたので
どんな花を見てもチャットを思い出してしまう。 沈丁花も匂い始めた。

2月19日(水)
月命日が近づくといつもよりチャットの気配を感じる気がする。
チャットの夢もよく見るようになる。ジャッコ姉さんもいつも一緒らしい。

2月18日(火)
「猫の日」の前日がチャットの10回目の月命日。 泣いたら諦めが
付いてしまう気がするので、まだチャットのために泣いていない。

2月17日(月)
初めてお店に来たかたは「チャットに会いたかった」と言ってくれる。
生前のチャットのお話しをすると涙を流す人もいる。
肉体は無くても今でもチャットの新しいファンは増えている。

2月16日(日)
今展示中の小野弥夢さんの絵の猫の指が開いてるのを見て、チャットは
思い切り指の開く猫だった事を思い出した。大きな手で「パー」が出来た。

2月15日(土)
チャットもたくさんチョコを貰った。もう何でも食べれるようになったので
チャットの周りはチョコとお酒(?)だらけになった。良かったねー。
2月14日(金)
本日より深夜営業再開。金曜と土曜だけだが夜11時まで営業する。
チャットのために一時中断していたが、もうチャットも許してくれると思う。

2月13日(木)
どうにか雨に濡れずにお店に着いた。 行きに雨に濡れるとお店に
着いた時にかなり面倒くさい。チャットも待たせてよく苦情を言われた。

2月12日(水)
チャットは一応男の子なのでバレンタインプレゼントを良く貰っていた。
数的には私よりずっと多かった。もちろんチョコではなく猫おやつ。

2月11日(火)
去年は春が遅く、チャットと春を待ちわびていたのを思い出す。
「もうすぐ暖かくなるよ」と言うとチャットはにっこり笑っていた。

2月10日(月)
チャットの夢を見た。私に向って全速力で走ってきた。嬉しかった。
少し前まではこんな夢をみると目が覚めたら悲しかった。
最近は朝チャットの写真に向かって感謝の言葉をかけれるようになった。

2月9日(日)
チャットがいなくなってから店前チャリティーライブはやっていなかった。
とてもそんな気にはなれなかった。22日は久しぶりに歌う。
チャットのためにも頑張る、と言ってもそんなに力の入ったライブではない。

2月8日(土)
22日の「猫の日」に向けてメッセージを募集してるが、私もチャットに
感謝のメッセージを書きたい。 もちろん歴代の猫達にも。

2月7日(金)
寒い。 チャットの温もりを恋しく思い出す。ホカホカで重い猫だった。
毛布のような毛ざわりは今でも手の感覚に残っている。

2月6日(木)
チャットの下半身が動かなくなってから深夜営業を止めていたが、
要望もあり2月14日より再開する。金土だけだが11時まで営業。
チャットのいない深夜営業は初めて。 寂しいかも知れないが、
チャットはいつでもそばにいてくれると信じて頑張る。

2月5日(水)
チャットはいつも笑顔だった。怒った顔は見たことが無かった。
何でも許せる心を持った猫。辛い治療にも笑顔で耐えてくれた。

2月4日(火)
チャットとの楽しかった事だけを思い出したいが、たまに壮絶な思い出が
フラッシュバックのように甦る。思い出したくないが忘れてはいけない事。

2月3日(月)
以前から思っていたがチャットにお供えしたカリカリを捨てるのは
もったいない。かと言って周りにお腹を空かせた野良猫もいない。
いたとしても匂いの飛んだカリカリはおそらく食べないと思う。
溜めておいて公園の鯉にあげようかと思案中。

2月2日(日)
チャットには毎日カリカリをあげているが、生きていた頃にあった
カリカリがついに無くなった。9ヶ月分のストックがあった事になる。
久しぶりにペットフード売り場に行った。 とても悲しかった。

2月1日(土)
今月は「猫の日」がある。 チャットに最後に買ってあげたのは
ごはん用の新しいお皿だった。2ヶ月半しか使う事は出来なかった。
       
1月31日(金)
1月終了。時間はあまりにも早足。チャットとの距離がだんだん
離れて行くような錯覚を起こす。そんな時はチャットに話しかける。

1月30日(木)
チャットとジャッコは一緒に夢に出てきてくれる。生きている時は
別々で一緒に暮らす事は出来なかったが今は一緒にいるらしい。
一緒に居させてあげれなかったのが心残りだった。

1月29日(水)
作家さんがチャットの追悼個展をしてくれた。とても感謝です。チャットも
喜んでくれた。 みんなに愛されたチャットの魂はずっとお店に居ます。

1月28日(火)
お客さんがいない時はチャットの写真に向かって話しかけている。
通勤のときも話しかけている。もし見られたら変な人と思われるに
違いないが、チャットを失い変になったという自覚は多少ある。

1月27日(月)
チャットとの真冬の通勤は大変だった。雪の日の場合はお店に泊まった。
ひとりならスリップしても大したことは無いが、チャットを危険な目に
合わせる訳にはいかなかった。今でもお店には寝袋を置いている。

1月26日(日)
チャットの絵が売れると嬉しい。チャットの絵は見た人にきっと勇気や力を
与えてくれると思う。そしてその家を守ってくれるようにとお別れをする。

1月25日(土)
遠くからチャットに会いに来てくれた人がいる。
もう一度チャットのやわらかな毛なみを撫ぜてもらいたかった。
でも身体はもう無いけどチャットは今でもいつでもお店にいます。

1月24日(金)
最近特に海外のお客様が多い。チャットは外人さんにも人気があった。
英語圏では茶トラは「オレンジ・キャット」とか「ジンジャー」と呼ばれている。
たしかに「ブラウンタイガー」では変。「生姜猫」が正しいかも知れない。

1月23日(木)
久しぶりのお休みは雨。雨の日はチャットはいつも寝むそうだった。
何をしても起きないが、カリカリの袋を開ける音で飛び起きる。

1月22日(水)
チャットの月命日に来て頂いた皆様、ありがとうございました。
9ヶ月経ってもチャットを忘れないでいてくれる人がいるのは嬉しい。
お店に来れなくても今でもチャットを気遣ってくれてるかたも
きっと多いと思います。 みんなにすべての人に、ありがとうございます。

1月21日(火)
お店の前のマンホール絵はチャットが亡くなってから作っていない。
(「高円寺 マンホール 猫」 で検索すると何か出ると思います)
楽しい顔に出来なくなったので止めていましたが、今日応援を
頂いたのでまた始めたいと思います。 チャットのためにも。
チャット日記更新しました。

1月20日(月)
明日はチャットの9回目の月命日。時間ばかりが過ぎて行く。
昔お坊さんに命日は仏様になったお誕生日なので祝ってあげましょう、
と言われて事があるが4月までにそんな気持ちになれる自信は無い。

1月19日(日)
昨日書いた願いが叶ったような青空で気持ちの良い天気。
本当に願いが叶うと嬉しい。だから人は願ったり祈ったりしてしまう。
今日もチャットのために祈る。チャットの魂がいつまでも幸せにと。

1月18日(土)
雪になった。昨年は今頃から寒くなり5月に入っても寒さが続いた。
暖かい春を待ちわびていたチャットには春は来なかった。
もう一度暖かい日差しを浴びさせてあげたかった。

1月17日(金)
現在開催中の個展はチャットの絵がDMになっている。
チャットが嬉しそうに花束を抱いている絵を描いてくれた。チャットは
今でも多くの人の心の中に生きているので、チャットはいっぱいいる。

1月16日(木)
個展の入れ替えのためチャットも出勤。やはり家に置いては行けない。
ずっと一緒。 いつか諦めがつくまでこれを止める訳にはいかない。
1月15日(水)
雨が降ると思い出す。 野良時代、濡れることも気にしないで
雨の中を堂々と歩くチャットの後姿。 「頑張れ」と声をかけた。

1月14日(火)
毎晩チャットの骨壷を枕の隣に置いてチャットをを向いて寝る。
たまに寝返りをして逆を向くが、必ず「にゃーん(こっち向いて)」
と鳴く声が聞こえる。身体があった時とまるで変わっていない。

1月13日(月)
チャットの野良時代に撮った写真がどこかにあるはずだが
どうしても見つからない。 当時使ってた壊れたパソコンに
入れたままだったかも知れない。まだあるのでどうにかなるかも。

1月12日(日)
チャットの好物は野良時代からスーパーの裏で貰っていた唐揚げ。
次に好きなものは大粒のカリカリ。小粒のものは歯ごたえが無く
仕方なく食べていた。大粒のカリカリをもっとあげたかった。

1月11日(土)
チャットは良く走り良く遊んでいた。ジャンプも着地もみごとだった。
それを見ていると片目でもちゃんと距離感が分かるように思えた。
人とは目の構造も違うので距離感の測り方も違うのかも知れない。

1月10日(金)
チャットを亡くなってからも可愛がってるんですね、と言われた。
普通だと思っていたのでちょっとびっくりした。
身体は無くなってもチャットにしてあげれることは沢山ある、と思う。

1月9日(木)
チャットのリアルな夢を見た。久しぶりにチャットを抱いた。
いつものように柔らかく、温かく、そして重かった。

1月8日(水)
チャットの写真はカメラ目線が多い。おかげで写真はいつも私を見てる。
良く考えるとチャットは撮られた時、私でなくカメラを見ていた事になる。
ほとんどの場合ファインダーも画面も見ずに勘で撮っていたはずなので
もしかしたら賢いチャットはカメラを理解していたのかも知れない。

1月7日(火)
チャットがいた場所は祭壇のようになっている。骨壷を気味悪く思う人も
いるかと思いカーテンも付けたが、今ではチャットは常にオープン状態。
気味悪がる人などいない。今でもチャットはみんなの人気者。これからも。

1月6日(月)
チャットは病気になってからとても寒がりになっていた。もともとは体温高め
の暖房代わりになる猫だったが、病気の進行と共に体温が下がっていった。
寒い日の通勤は特に気を使っていたのを思い出す。

1月5日(日)
毎年同じ時期に日本に来る海外のかたが多数いる。チャットの事は
ネットですでに知ってるかたも多く、みんな手を合わせてくれる。
日本人は猫が亡くなったらどう扱うかも猫の額で学んだらしい。
チャットの場合は特別と思うのであまり参考にならないと思うと
説明しておいたが、実際自分でもどうして良いかよく分かっていない。

1月4日(土)
チャットを写真で初めて見るかたは、耳を見て「さくら猫」と思う。
これは野良時代の戦いの勲章。 毛で分からないが実は顔中
傷だらけの猫だった。 とても強く、威厳のあるボス猫だった。

1月3日(金)
本日より営業開始。 ようやく猫の額の日常が帰ってきた。
チャットに新年の挨拶に来る人もいる。チャット良かったね。

1月2日(木)
2020年チャットと初出勤。明日からの展示会の準備。
今年もチャットとの同伴出勤は続く。すっかり生活の一部となった。

1月1日(水)
明けましておめでとうございます。
今年もチャット共々猫の額をよろしくお願いいたします。
なんとか頑張ります。
       
      
        
TOPにもどる チャット日記最新にもどる