チャットの病状メモ    2015,10、24~              チャット日記    店長の独り言

こちらはチャットが何か変だなと思った日からつけていたメモです。
公開するつもりのないメモ帳をそのままコピーしたものですので言葉として変なものもあります。
    
2017年

5月27日(土)
朝の4時から良く食べる。
午前中に1日分のごはんの量は食べていると思う。
お店ではほぼ寝てるのでそれで良いのかも知れないが
こちらは昼間寝る訳にいかないので眠い。

5月26日(金)
雨の中出勤。 チャット入りのキャリーを担いでから
ポンチョを被るので、その時のガサガサ音が怖いらしい。
自転車をこいでから3分ぐらいは鳴いている。

5月25日(木)
個展の入れ替え日。チャットはお店でのんびり。
自由に歩けた時は仕事の邪魔をしてくれたのが
なつかしい。よく紐やプチプチを持って行かれていた。

5月24日(水)
また夜中にチャットの水をこぼしてしまった。
しかもチャットの上にお椀を落としてしまった。
チャットびしょ濡れ&パニック。
しばらくお水を怖がっていた。 ごめんなさい。

5月23日(火)
チャットを見たお客様がみんなチャットが太って来たと
言ってくれるので嬉しい。
本当はこれ以上太るとリハビリが難しくなるのでダメ。

5月22日(月)
今日は朝うんちが出なかった。
毎日羨ましいくらい快便の猫だが2週間に1度ぐらい
出が悪い日がある。そんな時は明日出ればと諦める。

5月21日(日)
今日は外でチャリティー販売なのでチャットの様子は
あまり見てられなかったが、ずっと寝てたらしい。
たまにこんな日がある事はチャットもわかっている。
おとなしくしてるので助かる。

5月20日(土)
チャットは良く食べる。ひたすら食べる。
このところ食べ過ぎても吐かない。
吐きそうになった時も耐えている。 みあげた猫。

5月19日(金)
「チャット日記」更新しましたのでこちらをご覧ください。

5月18日(木)
1ヶ月ぶりのお休み。
チャットと家でまったり過ごす。
マッサージやリハビリ、やることはたくさんある。

5月17日(水)
1日食べてる日と1日寝てる日が交互に来る。
今日は寝る日。 以前のペースが戻ってきた。
どんどん元のチャットに戻って欲しい。

5月16日(火)
病院にお薬だけ貰いに行く。
チャットは病院には行きたくない、と言う。
いつも病院の前で悲鳴をあげる。

5月15日(月)
最近チャットはお店で鳴かなくなった。
鳴いても小さな声だが家では朝大声で起こす。
お店と家とを本人なりに理解している。
5月14日(日)
足の力の入り具合がかなり良い。
急がず1歩づつ前進。
ここで足を痛めては元も子もない。

5月13日(土)
雨の日のチャット連れ通勤は大変。
走ってる時は良いが装備に時間が
かかるのでチャットが鳴く。

5月12日(金)
傷が治ったとたんさらに元気になった。
夜中の寝返りも減り、よく寝るようになった。
やはり不快だったに違いない。

5月11日(木)
チャットの腰の傷がようやく治った。
今回は長く感じた。 約1ヶ月半。
キドナを与えたら治りが早くなった気がする。

5月10日(水)
今日は新記録。3時半に起こされた。
寝る前にごはんはあげているのに。
その後1時間おきに起こされる。

5月9日(火)
このところチャットの朝は早い。
水・ごはんの後30分ぐらい撫ぜないともう一度寝ない。
変な癖を付けてしまった。

5月8日(月)
食べたものが上半身ばかりに付く気がする。
下半身のリハビリの時間を増やそうと思う。
時間がなかなか取れないのがつらい。

5月7日(日)
この1~2週間でチャットが急激に重くなった気がする。
キャリーが肩に食い込む。
薄着になったせいかも知れないが。

5月6日(土)
このところ上半身の動きも良い。 以前のように
手を伸ばして寝たり、香箱も普通に組んでいる。
おそらく腹筋が付いてきたのだと思う。

5月5日(金)
チャットのために鯉のぼりを店前に掲げてる。
以前飼っていた猫は雌猫ばかりだったので
ほぼ雛祭りがメインだったが今は端午の節句。

5月4日(木)
GWなのでチャットも定休日は無い。
チャットの仕事は寝る事と食べる事。
今日も頑張れ。

5月3日(水)
背中の傷もだいぶ小さくなったので病院はパス。
そのせいか安心した顔をしてる。 わかりやすい。
膀胱炎も再発すると言われたが今のところ音沙汰はない。

5月2日(火)
早朝から食欲全開。
この2~3日で体重が増えたと思う。
チャット入りのキャリーが急に重くなった。

5月1日(月)
最近は家に帰ってから元気が良い。
帰ったらまずソファーで爪とぎ、クリスピーキッスを一袋、
パックのかつお1本食べた後ようやく落ち着く。
その後、本格的にK/D缶の夕食を食べる。
          
4月30日(日)
高円寺はイベントで外が賑やかなので
チャットが心配だったが、気にしないで寝ている。
ようやくお祭りの音にも慣れてくれたかも。

4月29日(土)
背中のかさぶたは取れたがその後の治りが遅い。
なかなか皮膚ができない。
気温が上がってきたので感染症が心配。

4月28日(金)
チャット今日は調子が良さそう。
寝顔が笑顔に見える。
ずっここの顔でいて欲しい。

4月27日(木)
チャットやや食欲が無い。態度も控え目。
周期的にどこかが痛くなるような気がする。
目を見るとその日の身体の調子がわかる。

4月26日(水)
チャット、今日は寝る日らしい。
でもときどき急に思い出したように起きる。
そんな時はお水の催促。

4月25日(火)
病院で経過を診てもらう。
後は家で消毒と薬を塗れば大丈夫。
チャットもう少しの辛抱。

4月24日(月)
かさぶたが全部剥がれた!
この1週間急に治りが早くなった。
早く毛が生えそろって欲しい。

4月23日(日)
最近チャットは明け方によく食べる。
通常猫はそうだと思うが、通常ペースに戻って
来ているならそれはそれで嬉しい。

4月22日(土)
夜中に何度もチャットに起こされる。
このところこんな日が続く。
以前は朝までおとなしく寝ていてくれたのに。
そしてチャットは昼間熟睡してる。

4月21日(金)
膀胱炎の予防のためクランベリーサプリを
与えているが、しばらく切らしていて気付いた。
これは喉が渇くらしい。水の飲む量が違う。

4月20日(木)
かさぶたがだいぶ剥がれたので周りを家で切除。
厚さ5ミリほどあり、かなり頑丈。
身体の中の悪い物が噴き出てきたと思いたい。

4月19日(水)
昼間は良く寝ていたので、夜寝てくれない。
寝ようとすると大声で起こされる。
朝6時になってようやく寝れた。

4月18日(火)
チャットの目やにが気になる。
身体に菌が入った場合にも目やには出るので
もしかしたらかさぶたの傷が原因かも。

4月17日(月)
明日は雨みたいなので本日チャットは病院行き。
かさぶたが剥がれてきた部分を切ってもらう。
こんなことが続くので気をつけなければ。
病院はなるべく連れて行きたくない。

4月16日(日)
「チャット日記」更新しましたのでこちらをご覧ください。
4月15日(土)
背中のかさぶたはだいぶ剥がれてきた。
かなり盛り上がっているので皮膚が
出来てきたのだと思う。きっとすぐ治る。

4月14日(金)
今日はジャッコさんの七回忌。
きっとチャットを守ってくれている。
1年半ほど同じ時期を生きていたが、チャットには
一度も会えなかった幻のお姉さん。

4月13日(木)
入れ替え日はあまりチャットの相手が出来ない。
歩き回れた時は散乱したプチプチに大喜びで
はしゃいでいた事を思い出した。

4月12日(水)
桜吹雪の中をチャットと自転車で突っ走る。
久しぶりに車に轢かれそうになる。
左から来た車が一時停止無視。危なかった。

4月11日(火)
雨の日の自転車通勤は辛い。
チャットは濡れないが合羽を着たりいろいろ時間が
かかるため、チャットにまだかと催促される。

4月10日(月)
いつもの通勤コースが警察に通行止めにされていた。
回り道をしたらそこも通れなかった。さらに回り道をして
逆側に出たら報道陣だらけ。気配にチャットは大鳴き。

4月9日(日)
かさぶたの周りが少し剥がれてきたのではさみで
切ろうとしたが、とても家のはさみでは切れない。
浸出液と血の塊なので手術用のはさみでないと無理。

4月8日(土)
湿潤療法は場所によって難しい。
ラップをぴったり貼らなければいけないが、
どうしても浮いてしまう。乾くとまた固まってしまう。

4月7日(金)
背中のかさぶたの端の方が麺棒で触ると少しめくれる。
こわいので無理に剝さないようにしているが、
剝したほうが治りが早いのだろうか?

4月6日(木)
チャットは2週間に1度お店に行かなくて良い事が
わかっている様子。
いつもは時間になるとキャリーに入りたがるが
2週に1度の木曜日はのんびり寝ている。

4月5日(水)
しばらく食欲のある日が続いたが、久しぶりに今日は
営業中にごはんの催促が無かった。
暖かくなったせいか、ひたすら寝ている。
寝言(猫言)も言う。

4月4日(火)
背中のかさぶたがなかなか取れないので
湿潤療法に切りかえる。
夕方にはかさぶたが柔らかくなり剥がれやすくなってきた。

4月3日(月)
血液検査の結果やはり腎臓と膵臓の数値が良くない。
療法食だけを食べさせたいがチャットは嫌だと言う。

4月2日(日)
チャットの背中はかさぶたのままになっている。
このままで良いのか相談するため明日病院へ連行する。
現在乾いているので軟膏は塗っていない。消毒のみ。

4月1日(土)
夜中に1時間おきの寝返りをさせた後、
朝5時にチャットに起こされる。
お水、ごはん、爪とぎ、モミモミ、一通り終わると寝てくれるが
この後遊べと言われるとフルコースで約1時間。
チャットが歩けるようになる日まで頑張る。
       
3月31日(金)
チャットは良く食べ良く飲み良く出す。
おかげで体重も現在5,4Kg。
足の筋肉が付いてほしいのだが、お腹の肉が付いた。

3月30日(木)
この2~3日軟便だったが通常に復活。
原因はごはんに混ぜているオリーブオイルが
多めに入ってしまったため。
じつは過去何度もやってる。正しくは1日3~4滴。

3月29日(水)
チャットの背中禿げはかさぶた状になっている。
痛みやかゆみの不快な感じも無い様子。
というか何が起きたかわかっていないらしい。
舐めれない場所で良かった。

3月28日(火)
久しぶりにチャット病院。 おしっこ&うんち&血液の検査。
背中も診てもらったが原因不明。
かなり広い範囲背中の毛を剃られてしまった。
とりあえずこれ以上酷くはならない様子。

3月27日(月)
背中の毛が一部固まっていたので濡らして櫛ですいたら
5センチぐらいごそっと抜けて禿げてしまった。 ビックリ。
どうやら皮膚病。明日血液検査なので診てもらう。

3月26日(日)
雨。 雨の日の猫は眠い。
チャットも良く寝る。しかも気持ち良さそう。
寝てても辛そうな時期もあったので今が嬉しい。

3月25日(土)
今日はチャットに会いに来てくれたかたがたくさんいた。
チャットも今は健康状態も良いので面会OK。
知らないところで応援してくれている人もいると思う。
チャットはみんなに感謝している。 きっとしている。

3月24日(金)
食欲旺盛のわりに好みがうるさくなった気がする。
ごはんのおねだりも以前はお客さんがいる時は
遠慮していたみたいだが、今は見境なく大声で鳴く。

3月23日(木)
定休日なのでチャット自宅待機。
普段はケージに入れないが留守番の時だけ入れる。
ケージの扉を開けると自分から入ろうとする。
足を持って手押し車状態で手伝ってあげる。

3月22日(水)
8時の閉店時間になったら以前のように
ごはんの催促をするようになった。
以前の生活リズムに近づいたかも知れない。

3月21日(火)
そろそろ半年に一度の血液検査の時期。
おしっこもうんちもまとめて検査してもらう。
心配なのは膵臓と腎臓。

3月20日(月)
チャット良く寝る。掛け布団をめくっても起きない。
以前は上に掛けられるのが嫌いな猫だったが
今では掛けていないと不安な様子。
耳だけ出して寝てる。

3月19日(日)
また明け方にお水をあげてて寝落ちしてしまった。
チャットも寝床もびちゃびちゃ。
ひたすらチャットに謝る。

3月18日(土)
営業中、忙しく相手があまり出来ないとふて寝する。
触っても起きない。起こすにはごはんしか無い。
とたんに機嫌が良くなる。 わかりやすい。

3月17日(金)
久しぶりにチャットが吐いた。
この2~3日忙しかったのでストレスかも。
今日は帰ってからたっぷり遊んであげる。
3月16日(木)
入れ替えが終わらないのでいつもより早くお店へ。
チャットは時間に正確なのでとまどっていた。
1日チャットの相手があまり出来なかった。

3月15日(水)
個展入れ替えのため帰りが遅くなり、チャットの
家でのおしっこの時間が遅れた。
漏れないか心配したが大丈夫だった。

3月14日(火)
早朝から良く食べる。5時と7時にカリカリを食べた。
その後お水をたくさん飲んで吐きそうになったが
吐かずに我慢していた。
吐くのを堪えるのはチャットの特技。

3月13日(月)
午前中チャットのお薬を貰いに動物病院へ。
チャットは病院が嫌いなので連れて行かない。
薬を貰いに寄るだけでも大騒ぎ。
お店だと思ったら病院だと、よりショックが大きいらしい。

3月12日(日)
「チャット日記」更新しましたのでこちらをご覧ください。

3月11日(土)
突然チャットの様子がおかしくなったのでびっくりしたが
どうやら寝ぼけていたらしい。
今日は寝る日。良い夢を見るように。

3月10日(金)
良く食べるので、以前はあまり好きではなかった
ものもあげてみた。 結果、見さかいなく食べた。
カリカリは当り外れがあるが取っておくものだと思った。

3月9日(木)
定休日なのでチャットはお家でまったり。
寝たままの爪とぎが流行りなのでソファーの
背もたれはボロボロになり綿が出てきた。
何か出てきた!という顔が面白かった。

3月8日(水)
チャットがお客さんに対して妙に愛想が良い。
仕事復帰という気持ちなのかも知れない。
無理しないで欲しいが身体を動かしたいのかも。

3月7日(火)
営業中にチャットに遊べと言われた。
動きたいという気持ちがだんだん育ってきた。
本人が立つ、歩くということがしたいと思えば
リハビリもさらに効果が出るはず。

3月6日(月)
夕方のおしっこを拒否される。 たまにある。
そんな時は無理にしない。
次の時にいっぱい出れば良い。

3月5日(日)
お店が終わってから久しぶりに作家さんと飲みに
行ったのでチャットはその間お店でお留守番。
11時過ぎてしまったのでチャットは怒っていた。

3月4日(土)
いつからかおしっこの臭いが昔に戻った。
毎日あげてるクランベリーサプリのおかげと思う。
おしっこは弱酸性だと細菌が湧かない。
ちょっと目に来るが健康的なおしっこ。

3月3日(金)
お客様にかまぼこをもらう。
チャットが食べやすく小さく切ってくれていた。
2切れあげたが大はしゃぎ。
飲み込んでいるのでこれ以上あげると吐く。

3月2日(木)
家でちょっと目を離した隙にチャットがソファーからいなくなった。
なんとおもちゃ置場まで這って行っておもちゃを物色していた。
私に気が付くと慌ててソファーに戻った。


3月1日(水)
チャット、今日は寝る日らしい。
あまりに気持ち良さそうに寝ていると
リハビリのために起こすのが辛い。
         
2月28日(火)
チャットがやたら遊びたがる。
営業中にもかかわらず猫じゃらしで大ファイト。
遊びながらの足のマッサージは効果がありそう。

2月27日(月)
いつからだろう。
寝そべったままごはんやお水を飲んでいたチャットだが
今は上半身を起こして食べたり飲んだりしている。
たまに来るかたが見てびっくりしていて私も気が付く。
ずっと一緒にいると気がつかない変化もある。

2月26日(日)
夜中に気が付くとチャットはひとりで寝返りしていた。
最後に足を延ばせれば完璧。
腰の筋肉が付いて来たのだと思う。

2月25日(土)
チャット快調。 良く食べるので毎日快便。
Kさんに頂いた竹輪を食べていたら欲しがったので
少しあげたら、こんな美味しい物は初めて食べたと
大はしゃぎだったが、丸呑みなので吐く寸前だった。

2月24日(金)
私の風邪は全快したが、チャットが鼻水を垂らしていた。
やはりうつったのか? でも夕方には軽快な顔つき。
食欲も落ちなかったのでもう大丈夫と思う。

2月23日(木)
家でチャットと1日過ごす。チャット、リハビリ頑張る。
足にかなり力が入るようになってきた。
寝返りもだんだん出来るようになってきた。

2月22日(水)
今日は「猫の日」。
チャットを含め、世界中の猫が幸せになりますように。
来年の「猫の日」までにはチャットは必ず立てるようになる。

2月21日(火)
熱のせいで自転車が前に進まない。
チャットにまだお店に着かないのかと鳴かれた。
キャリーの中で通勤時間を計ってるかのよう。
夕方熱が下がったので帰りは大丈夫。

2月20日(月)
チャット食欲回復。
でも現在私が風邪をひいてるので、チャットにうつさないか心配。
猫風邪は人にうつらないが、人の風邪は猫にうつる気がする。
獣医さんはそんなこと無いというが、一応経験上…。

2月19日(日)
今日も高円寺イベント。こういう日はチャットにもわかるのか
何の催促も無くおとなしく寝ている様子。
自分の環境や容体をよく理解しているように思える。

2月18日(土)
今日はイベントで外にいたためチャットの様子が窺えなかった。
でも何事もなく良く寝ていたらしい。
イベントのためチャットのおしっこの時間がたいぶずれた。

2月17日(金)
チャットちょっと元気なし。
一応食べているので大丈夫と思うが
何か不安そうにしている。痛いのかも知れない。

2月16日(木)
展示入れ替えのためチャットも出勤。
何事も無いと思いきや夜に久々に痙攣を起こす。
背骨を温めてしばらくすると治った。
やはり周期的に痙攣を起こす。

2月15日(水)
膀胱圧迫はチャットのちょっとした体制の違いで
スムーズに出たり出なかったりする。
出ないとついつい力が入ってしまい痛がる。
疲れてると集中力が入らず今朝も痛い思いをさせてしまった。
2月14日(火)
昨夜は2時間おきにごはんとお水の催促。
良く食べて良く飲んだ。
普通ならダメだが食べたい時に食べさせている。
でも一度の量は少なめ。

2月13日(月)
チャットは上半身は起き上がれるので、
足さえしまえばお座りが出来るようになる。
そこから足を延ばせれば立ち上がれる。
頑張れもう少し。

2月12日(日)
足の筋肉を付けるのは地道に出来そうだが
腰の筋肉を付けるのが難しい。
背中を弓なりに伸ばすストレッチはしてるが
これだけで腰の筋肉が付くとはあまり思えない。

2月11日(土)
今朝チャットが一瞬だが自分で立った。
すぐに支えてあげたが、これを見てないところで
されると非常に危ない。 嬉しいが不安。

2月10日(金)
やはりお店の方が良いのか、着いたとたん爆睡。
あまりに気持ち良く寝てると、起こしてリハビリも
気の毒なのでそっとしておく。
リハビリが嫌なものと思わせてはいけないため。

2月9日(木)
今日の定休日は久しぶりに1日家にいた。雪だし。
チャットは1日ソファーでまったりしていた。
お店に行かない日は雰囲気で分かるようで、以前のように
お店に行こうとせがんだり落ち込んだりしなくなった。

2月8日(水)
最近は痛みも無くなったのか寝返りの回数が減った。
夜中に寝返りで起こされる事も少なくなった。
明け方にお水とごはんで起こされるが、猫としては正常。
お水とごはんが済んだら目覚ましが鳴るまで寝てくれる。

2月7日(火)
足の動きがどんどん良くなる。
今日は自分で立とうとした。でもまだ無理。
補助が無いと足首の骨折がこわいので目が離せない。

2月6日(月)
チャットの足の力が付いてきた。
キャリーから出る際、足を伸ばして体を前に出せるようになった。
明らかに自分の意思で足を動かしている。

2月5日(日)
チャット、今日は穏やかな顔。
動きも良く毛繕いも丹念にしている。
少しづつ以前のチャットに戻る気がする。

2月4日(土)
食欲はあるが何となく元気がいまいち。
遊びかたも少し控え目。
しばらく様子見。痛いところがあるかも知れない。

2月3日(金)
チャットの足が痙攣してると思ったらわずかに
おしっこをちびっていた。
良い事か悪い事かわからないが、もしかしたら
病気の初期のように刺激で出るようになるかも知れない。

2月2日(木)
お店はお休みだが展示の入れ替えで一緒に出勤。
やはりお店の方が熟睡出来るように見える。
いっぱい寝て早く良くなれ。

2月1日(水)
チャット食欲旺盛。足の筋肉も付いてきた。
左足はかなり力が入るようになったが右足が弱い。
押す力があるが引く力が無いように見える。
バランス良く筋力を付けるのは結構難しい。
      
1月31日(火)
チャット順調。おそらくここ1年で一番調子が良い。
食べるし遊ぶし元のチャットに戻ったようで嬉しい。
早く歩けるようにしてあげたいが決して急がずに
時間をかけてゆっくりリハビリ。

1月30日(月)
チャットの顔が丸くなった気がする。
体重は測っていないがおそらく少し戻していると思う。
全体に脂肪ではなく筋肉を付けたい。

「チャット日記」更新しました。

1月29日(日)
お薬をもらいに行った際に今後の治療について話をした。
薬は徐々に減らしていきたいのだがもう2週間は今のまま。
膵臓と腎臓も心配だが、足腰のリハビリに力を入れたい。

1月28日(土)
チャットはもう病院に行かなくて良いのでおしっこだけ
持って行って検査をしてもった。 結果潜血反応なし。
膀胱炎から完全に立ち直った。
詳しくは明日薬を取りに行った際に聞く事になった。

1月27日(金)
朝お店に行こうとしたら自転車のタイヤがパンクしていた。
急きょチャットを家に戻し近くの自転車屋に直行。
応急処置は出来たがその他にもいろいろ問題がある。
チャットの通勤にはなくてはならない大切な足。

1月26日(木)
チャット、2週間に1度のお店に行かない日。
お家で過ごすのもすっかり慣れた。
でもついリハビリに力が入りチャットに嫌われる。

1月25日(水)
膵臓サプリを朝だけだったのを朝晩あげるように
したらうんちの色が普通に戻った。
やはり膵臓が弱っていると思う。
一番治療の難しい臓器。

1月24日(火)
寒さで往復の自転車通勤が辛い。
防寒仕様キャリーの中のチャットは寒くないと思うが
念のためチャットの体の上にブランケットを追加。

1月23日(月)
ちょっと体重が増えたかも。持った感じが辛い。
キャリーを持ったまま階段でこけた。
久々にチャットの悲鳴を聞いた。

1月22日(日)
寝返りをさせる際に自力で出来る訓練開始。
途中まで返して足を軽くたたく。
足を引っこめたすきに少し起こして足を下にしてあげて
軽く補助をして返すと力の入れ方を思い出す、と思う。

1月21日(土)
夜のおしっこ絞りの時間にうかつにも寝てしまった。
気が付いたら3時。 3時間オーバー。
このくらいなら漏らす事はないが次の時間がずれる。

1月20日(金)
体重が戻ってお腹に肉が付いたせいか
また膀胱が掴みにくくなってきた。
おしっこの残量がいまいち分かりにくい。
ついつい力が入ってしまうので痛がる。 ごめん。

1月19日(木)
チャット、白いうんちが出た。
膵臓が弱っているかも知れない。
嘔吐や下痢はまだ無いので大丈夫とは思うが
そろそろ再検査をしたほうが良さそう。

1月18日(水)
リハビリを再開してから数日経つが今日あたり
から足腰に手ごたえが出てきた。
うまく行けば2~3ヶ月あれば昨年の12月頃の
状態に戻れるかも知れない。
チャットと一緒に頑張る。

1月17日(火)
ついにチャットが服を脱いだ。
多少舐めても大丈夫なぐらい皮が出来た。
現在まるで手術の後のように1本線のような
後が残っているだけ。毛はまだ生えそろわない。

1月16日(月)
内腿のカビがまだいる。
服を着ている以上撲滅出来ないかも知れない。
今舐められては傷が開く可能性があるので
こまめに拭き取るしか無い。
1月15日(日)
チャット、食欲絶好調。
以前のように人が何か食べてると飛び起きる。
でもまだお腹の皮が薄いので服は着たまま。
頑張れ、もう少しの辛抱。

1月15日(日)
チャット、食欲絶好調。
以前のように人が何か食べてると飛び起きる。
でもまだお腹の皮が薄いので服は着たまま。
頑張れ、もう少しの辛抱。

1月14日(土)
病院日。傷は完璧にふさがった。
これで火傷での通院は終了。
お腹の毛も生えないと思ったら生えてきた。
カビではなくて本当の毛だった。

1月13日(金)
このところ調子が良いのでやたらに遊べとせがまれる。
今の流行りは小さく膨らませたビニールを噛んで割る事。
パン!と大きな音がすればするほど楽しいらしい。
直径5センチぐらいで良いので1袋で4~5回遊べる。

1月12日(木)
チャット今日は1日家で過ごす。良く食べて良く寝る。
ガーゼ交換が無いのがこんなにも楽に感じる。
チャットに与えるストレスも半減したと思う。
足腰のストレッチ1ヶ月ぶりに再開。

1月11日(水)
チャットの傷がふさがった。 もうラップはいらない。
腐ったお腹の皮膚が剥がれるのに2週間かかったが
新しい皮膚が出来るのに2週間かからなかった。
長いひと月だったが、もうしばらく舐めないように服を着用。
やはり腹巻きだけでは首を突っ込んで舐めようとする。

1月10日(火)
チャット今日は寝る日。
食べる日と寝る日が交互に来る。
寝てる間に傷が治ってると思う。 いっぱい寝ろ。

1月9日(月)
傷口が小さくなったので試しにお洋服無しの
腹巻きだけにしてみたが、お腹を舐めようとはしない。
このほうがチャットも楽なはず。
しばらく試してみるが、これで行けたらこのほうが良い。

1月8日(日)
ジュクジュクしていた傷口が乾いてきた。
浸出液が出なくなったらもう大丈夫なはず。
でも舐めるといけないのでお洋服はしばらく着たまま。

1月7日(土)
チャットの病院日。
お腹の皮の無い部分は1センチ×6センチぐらいになった。
かなり治りは早く、痛みもほとんど無さそう。
しかし毛を剃った部分に毛が生えてきたと思ったら
マラセチアという真菌が繁殖したものだった。(カビ)
ラップをアクア水で消毒するのではなく、レンジでラップを
チンしてから冷まして当がうことにした。言わばレンジ消毒。

1月6日(金)
今日から通常営業。
またチャットと通勤の日々が始まる。
なんとなく新学期が始まった気分。

1月5日(木)
展示の準備があるのでチャット久しぶりに出勤。
遅くなるのでチャットを家に置いて行けない。
お店に着くとチャットは嬉しそう。
やっぱりお店が良いらしい。

1月4日(水)
お店で仕事があるのでチャットは家で家内が見てくれる。
お店に行けないので不満そう。
そのせいなのか、ちょっと元気が無い。

1月3日(火)
久々に実家に行くのでチャットはひとりでお留守番。
おしっこの時間までに帰るが寝返りが不安。
何かあるといけないのでケージにお篭り。

1月2日(月)
傷口はだいぶ小さくなった。
あと1週間もすればふさがるかも知れない。
傷口を湿らせ、そのまわりは乾燥させる。
けっこう難しい。

1月1日(日)
今年もチャットは年を越せた。
前年ほど深刻ではかなったかも知れないが、
最後で失敗してしまったので今年は気を付けたい。
チャットは大丈夫。良く食べて良く寝る。
     
2016年

12月31日(土)
チャットは家内と家でお留守番。
私はお店でお仕事。
おしっこの時間までに帰らなければいけない。
今年もあわただしく終わる。

12月30日(金)

「チャット日記」を久々に更新しました。
こちらをご覧ください。

12月29日(木)
チャット病院日。やけどの経過を診てもらう。
経過は良好なので抗生剤を止める。
これで食欲も出て下痢も止まると思う。
皮が出来るまで今まで以上に感染症に気を付ける。


12月28日(水)
チャット下痢をした。抗生剤のせいと思われえる。
おむつをしていて良かった。
でも今は清潔第一なので下痢をされるとややこしい。
消毒用のアルカリアクア水がいくらあっても足りない。


12月27日(火)
食欲が少し出てきた。いっぱい食べて早く治れ。
ラップ+ガーゼよりラップ+ペットシーツが良いかも。
太ももが出るように少し切れ目を入れて
のり巻きのように胴体をくるむ。
ガーゼよりも汚れを吸ってくれてしかもくっ付かない。

12月26日(月)
壊死した皮膚はほとんど剥がれたが、今度は皮膚が
無い部分から血混じりの浸出液が溢れ出ている。
経過は良好なのだが見た目がすごい。
抗生剤のため食欲は全くないため強制給餌復活。

12月25日(日)
家の寝床のソファーで久しぶりに爪とぎをした。
お腹の皮が伸びないのでしばらく出来なかった。
痛みも引いてきたのかも知れない。
ソファーの背もたれが良い具合に爪とぎになっている。
すでにボロボロだが気にしない。

12月24日(土)
病院でやけどの経過を診てもらう。
思ったよりも早く皮膚は回復しているらしい。
だが抗生剤のせいと思うが食欲は無い。
栄養剤を多めに投与する。

12月23日(金)
チャットの壊死した皮膚は7割ほど剥がれた。
壊死した皮膚をハサミで切るのも挑戦した。
病院で教わったのだが、とりあえず処置は成功。
2人がかりでないととても出来ない。

12月22日(木)
夕方のガーゼ替えがどうしても2人でなくては出来ないため
16時~17時の間の15分ぐらい1度お店を閉めます。
終了次第すぐに開けますのでご了承下さい。

12月21日(水)
現在お店の中が軽く血の臭いがする。
お客様はもうしばらくご辛抱下さい。
壊死した皮膚が全部剥がれれば臭いも無くなるはず。
チャットは頑張っています。

12月20日(火)
病院で経過を診てもらった。
ラップのおかげか傷口はガーゼのようにくっつかず
壊死した部分がきれいに剥がれてきた。
痛みも和らいできたのか、表情も良くなってきた。

12月19日(月)
やけどのガーゼ替えの際咬まれた。手に穴があいた。
チャットは咬むつもりはなかった。私の不注意。
少し痛みが和らいだような表情を見せるが、圧迫排尿
の際にやけどした部分を鷲掴みにしなければいけない。
終了後しばらく震えている。痛いと思う。辛い。

12月18日(日)
深刻な状況。血と体液が止まらない。
ガーゼがくっついてしまうためラップを当ててから
ガーゼをして服で固定。だがずれる。
圧迫は消毒したグローブにワセリンを塗るといくらか
やりやすい。だが痛がる
ふりだしに戻った。

12月17日(土)
朝晩やけどの手当。痛がる。
かなり広範囲でほぼお腹全体。
人間でもこんなに広範囲でこれほど酷い
低温やけどは見たことが無い。
やけどの部分を押さえての膀胱圧迫もかなり辛い。
お腹の皮が伸ばせないので足が伸ばせない。
リハビリどころではなくなってしまった。
チャットに謝っても謝っても取り返しがつかない。


12月16日(金)
チャットのお腹から嫌な臭いがするので病院に連行。
かなりひどい状態の低温やけどだった。
おそらくホットカーペットによる低温やけど。
禿げたところを低温やけどしたのか、低温やけどで
痛痒くて舐めたのかはわからない。

バリカンでお腹の毛を剃ったところ、
壊死した部分が白く固くなっている。
なぜこんななるまで気が付かなかったのか悔しい。
低温やけどには気を付けていたはずなのに。

最近元気が良いので寝たきり猫ということを
忘れていたかも知れない。
私の不注意のせいでチャットにまた長く辛い思いを
させることになってしまった。

現在軟膏を塗って服を着せている状態だが
これから皮膚が剥がれてくると辛い処置が続くことになる。

12月15日(木)
今日は臨時営業。チャットも出勤。
お腹に毛の無いチャットは圧迫排尿やりづらい。
チャットも感触が嫌なのか今までにない抵抗。
病状が良くなり始めると必ず何かある。

12月14日(水)
チャットのお腹が酷い事になった。
禿げた範囲は広がり体液と血がしみ出ている。
消毒をしてワセリンを塗り、現在腹巻きをしている。
舐め過ぎは運動不足から来るストレスの可能性。
動きたいという欲求が出てきたからかも知れない。

12月13日(火)
最近毛づくろいをよくするようになった。
良かったと思いきや、お腹の毛が禿げて血がにじんでいた。
朝の圧迫の際には気付かなかったので、ほんの8時間の
間の出来事と思う。5センチぐらい円形に禿げた。

12月12日(月)
冬虫夏草を少し増やしてみたが大丈夫そう。
明日から通常の量をあげる予定。
近くの漢方薬局からもアドバイスを受けた。

12月11日(日)
飲ませていた冬虫夏草が生産中止のため
別のメーカーの物を取り寄せた。
内容物も多少変わるため少量で様子見。
もちろん本物の冬虫夏草ではなく、
人工的に培養したお手ごろ冬虫夏草。

12月10日(土)
夜中に何度も起こされる。
しかも大きな声で鳴いて起こす。
ごはんでもお水でも遊んでもらいたい訳でも無いらしい。
何を訴えているのか分らない。

12月9日(金)
久々に猫じゃらしで大ハッスル。上半身だけだけど。
でもこの運動は腰の筋力も付くと思う。
真剣に遊ぶという事が出来るようになっただけですごい。
片目でエイズで下半身麻痺で膵炎で腎不全でも元気。
すごい猫。

12月8日(木)
夜に軽く痙攣。
いつもならだんだんひどくなっていくが今回はすぐに治まった。
まだ気を抜けない。
神経が正常に向かう過程であって欲しい。

12月7日(水)
チャットだいぶ復活。食欲もある。
やはり寒さのため免疫力が落ちたのかも知れない。
カイロで背中を温めたのが良かったと思う。

12月6日(火)
食欲はいまいちだが水分は良く取る。
おかげでおしっこも良く出る。
通勤はもう少し温かくしてあげたほうが良いかも。

12月5日(月)
ちょっと様子がおかしいと思って耳を触るととても熱い。
チャット久しぶりに熱がある。
食欲も無さそうだが少しずつでも食べているので
心配は無いと思う。 今夜は栄養剤多め。

12月4日(日)
尿検査は1回休み。
お薬だけ病院にもらいにいった。
どうかこのまま順調に回復しますように。

12月3日(土)
チャットに朝の4時から遊べと起こされる。
遊んでからご飯とお水、そしてやっと寝てくれる。
そのまま寝れずにいたが、これが本来の猫との生活。
眠いが懐かしく嬉しい。

12月2日(金)
チャットの敷物と毛布を洗濯のためおNEWの物と代えたら
自分の匂いがしないためか不安がっていたがすぐ復活。
ビニールで遊んで疲れて寝た。

12月1日(木)
お休み。チャットと家で過ごす。
家のソファーの隅っこで寝るのがお気に入り。
お店に行かない日はわかってる顔をしてる。


2016年 11月 (1月より新しいメモが上になっています)
11月30日(水)
「チャット日記」を久々に更新しました。
こちらをご覧ください。

11月29日(火)
今日は外回りの日だったので夕方までチャットの
様子は見れなかったが何事も無かったもよう。
おしっこの時間には戻らなければいけないので
遠出は出来ない。

11月28日(月)
多少波はあるが比較的具合が良い日が続く。
この間に足腰の筋肉を付けなければ。
リハビリや治療はタイミングが大切。

11月27日(日)
たまに圧迫排尿がやりにくい時がある。
そんな時は決まって便が溜まっている。
ワセリンを使って便を出してあげたら
びっくりするほど出た。その後再度圧迫排尿。

11月26日(土)
足の動きが良い。指も自力で開く。
いつも寝返りをさせる際に支えて立たせてみるが
だんだん立つ姿勢になってきた。
座る体制から立たせたいがまだ難しい。

11月25日(金)
チャットが良く遊んでくれる。
今まで目もくれなかったおもちゃで遊ぶ。
体力に余裕が出てきた証拠。
このまま頑張れ。

11月24日(木)
午後になっても雪がやまないのでチャットと強行出勤。
キャリーの中にはカイロ装備。
チャットには寒い思いはさせない。

11月23日(水)
先日の地震以来ビビっているような気がする。
音にすごく敏感になっている。
話声は大丈夫だが金属などの当る音は怖がる。
そういえば大きな地震のあとはしばらく元気が無い。

11月22日(火)
足の動きが良い日とまったく動かなくなる日がある。
動かない日は耳が横に向いている。
痛いのを我慢してる気がする。
そんな日はリハビリは中止。

11月21日(月)
食欲増進剤投与後、食欲は持ち直した。
このまま食欲が落ちないでほしい。
とにかく食べることが基本。

11月20日(日)
今日は一転、元気が無い。
熱があるかも知れない。
栄養剤を与えて様子見。

11月19日(土)
おしっこ検査は合格。
しかしまだ薬は続けたほうが良いらしい。
腎臓保護の薬と足の血流を良くする薬。
その他、漢方薬は猪苓湯と冬虫夏草、
これに腎臓、膵臓、膀胱などのサプリメントを
ミルにかけた腎臓サポートに混ぜシリンジで投与。

11月18日(金)
良く食べて良く寝て良く出す。
日に日に神経が治って来る手ごたえがある。
一時嫌がった圧迫排尿も嫌がらなくなった。
明日のおしっこ検査で合格ならさらに薬を減らす。


11月17日(木)
定休日で入れ替えも無いので久しぶりに
チャットは1日家で過ごす。
普段はソファーだが出かける時はケージに。
開けてあげると自分から入るが手押し車。

11月16日(水)
今日は食欲ややダウン。でも遊ぶ気はある。
1年前に比べれば少しずつ良くなっている。
去年の今頃は日ごとに悪くなっていくのを
見ているしかなかった自分が情けない。


11月15日(火)
いろいろサプリのおかげかチャットは調子が良い。
この時とばかり足腰のリハビリをするが、
まず1分間自立出来なければ歩行訓練は
危険らしいので四つ足自立訓練から。
寝てるとわからないが立たせると腿の筋肉が無い。

11月14日(月)
チャットの容体は落ち着いた。
再び穏やかな顔になった。
もしかしたら周期的に神経発作が起きるのかも
知れないが、回復するための過程であれば良い。

11月13日(日)
薬を与えないとやはり食欲が落ちる。
水分は取ってくれるのでこのまま様子見。
毎日お店の往復チャットを背負っているので
体重の変化が良くわかる。

11月12日(土)
使いたくなかったが食欲増進剤を投与。
食欲が盛り返した。
これはアレルギーの薬の副作用を利用したもので
チャットの場合、使用を止めると前より食べなくなる
場合があるのであまり使いたくない。
腎臓や肝臓にも負担がかかるらしい。

11月11日(金)
食欲はやや戻った。
足が痛かったような気がする。
いつもは気持ち良さそうな足を延ばすリハビリだが
しようとしたら思い切り足を縮めた。

11月10日(木)
嫌な予感が当たった。
昨日の夜突然震えだす。どこかが痛いのだと思う。
背中をカイロで温め、痛み止めを投与。
朝になっても定期的に震える。食欲も無し。

11月9日(水)
チャット久しぶりに食欲無し。
ひたすら寝ている。
心配ないと思うが気になる。

11月8日(火)
薬が減ったおかげでシリンジの本数が減った。
朝5本夜5本、1日計10本になった。
一番多かった時で1日30本だったので、
チャットの負担も減ったはず。

11月7日(月)
圧迫排尿は最初はおとなしいが最後のほうで嫌がる。
でもこれが当たり前なので、良くなってきてると信じたい。

11月6日(日)
以前のように、遊んでくれという時間が増えた。
掃除の時に久々に毛ばたきで遊んだ。
遊ぶと背中の筋肉も使うのでこれはこれで
リハビリになると思う。

11月5日(土)
便とおしっこの検査の結果は良好。
未消化も減り膵臓機能は改善されている。
膀胱もとても良い状態。サプリが効いてくれてると思う。
しかし自らトイレに行って用を足すにはまだ長い道のり。

11月4日(金)
キャリーから出る時自分から右足を前に出した。
両足を伸ばして逆ぞりさせるストレッチを日に
5~6回しているが結構効果がある。
クロスしていた足が開くようにもなった。

11月3日(木)
日替わりで食欲があったりなかったりするが
ほぼ順調に回復していると思う。
足の動きも良い。
もしかしたら思っているより早く歩けるかも知れない。

11月2日(水)
チャットは遊ぶ余裕も出てきた。
だけど朝4時に起こされて遊べというのは困る。
つい遊んであげてしまうがその後1時間ごとに
起こされる。 そしてチャットはお店で熟睡。

11月1日(火)
朝の薬をシリンジであげる際に失敗してしまい、チャットは
30分以上咳が止まらなくなってしまった。 
気管に入ってしまったらしく、多少むせることは事はあったが
こんなに長いのは初めて。 かなり体力を消耗させてしまった。
いつも慣れた頃にミスをする。
     
2016年 10月 (1月より新しいメモが上になっています)
10月31日(月)
チャットの通勤用キャリーの内側を冬仕様にした。
昨年は防寒シートだったが今年は厚めのビニール。
暖かいかも知れないがビニール袋に入っている
のと変わらないので長時間は危険かも。

10月30日(日)
チャット食欲がある。
良い事なのだが体重が増えると歩行訓練が
難しくなり足も痛めやすくなる。
どうにか足腰の筋肉だけ付けたい。

10月29日(土)
1日3回の圧迫排尿になったが、1度はお店で
しなければいけない。
嫌がろうが変な体勢になろうが圧迫を試みる。
チャットが諦めの顔になった。

10月28日(金)
お店での圧迫排尿を嫌がる。
家だと嫌がらないので痛いのではなく
圧迫中に怖い事があったのかも知れない。
外で大きな音がしたりする事もある。

10月27日(木)
今日は食欲いまいち。
寝返りもしようともせずひたすら寝ている。
少し心配。
チャット下半身麻痺になって1年経った。

10月26日(水)
良く食べる。そして良く寝る。
おしっこは8時間おきだが相変わらず嫌がる。
顔も洗うし身体も舐める。
たまに下半身が動かないのが不思議に思える。

10月25日(火)
チャットは順調に回復している、と思う。
食欲もあり足の動きも良い。
薬をいくつか止め、代わりに同じ効能のサプリを使用。
薬で治してサプリで予防。

10月24日(月)
お店の膀胱圧迫に苦労している。
家だと押さえつけられるがケージの中では
なかなか難しい。
元気になったのは良いがそれはそれで大変。

10月23日(日)
膀胱炎が良くなって感覚が戻ったようで、膀胱炎に
なる前と同じように普通に圧迫を嫌がるようになった。
痛がる感じではなくお腹を押されるのが嫌な様子。
膀胱もやわらかく圧迫しにくい。
時間をさかのぼっているような気がする。

10月22日(土)
検査の結果合格、抗生物質を止める。
今後は再発防止のためにサプリを使用。
膵臓もサプリを使って改善を試みる。
後は足腰の筋肉を付けるためと神経の
回復のためのリハビリを強化。

10月21日(金)
「チャット日記」を久々に更新しました。
こちらをご覧ください。

10月20日(木)
久しぶりに1日家で過ごす。
寝床のソファーの背もたれで爪を研ぐのが
お気に入りになったのでボロボロになった。
家に帰るとこれが楽しみになったらしい。

10月19日(水)
以前のように表情が豊かになってきた気がする。
6時間で漏れていたおしっこも量が減ってきて
現在8時間に1度、1日3回の排尿になった。
膀胱炎になるとおしっこの量が増える。
治ってきたサインと思いたい。

10月18日(火)
今日も夕方の圧迫排尿を拒否され
半分ぐらいしか出せなかった。
痛がってる様子は無いが何か気に入らないらしい。
多少痛くても圧迫をさせてくれていたので気になる。

10月17日(月)
やはり夜中に吐く。
それ以外は食欲もあるし問題は無いが
夕方の圧迫排尿を拒否される。
どこか体に不快なところがあるらしい。

10月16日(日)
夜中に突然吐く。
その後やや元気が無い。
投与1週間してから副作用が出る場合もある。
慎重に様子を観察。
10月15日(土)
尿検査の結果、かなり良くなったがまだ菌が残っている
ため、もう1週間抗生物質を続けることになる。
今までの抗生物質は3種類とも副作用が酷かったが、
一番強いと言われた今回の抗生物質は発熱以外
副作用が無い。 不思議。

10月14日(金)
今のところ具合は良さそう。
膀胱圧迫の際、痛みを訴えることも無い。
ちゃんと目を瞑って寝てくれている。
このまま治ってくれないと膵臓の治療に移れない。

10月13日(木)
お休みだが個展入れ替えのためチャットとお店に。
忙しくわずかな時間目を離していたら、
ひとりで寝返りをしたため身体がねじれていた。
やはり1時間も目が離せない。
足を痛めたかも知れない。

10月12日(水)
膀胱炎になってから膀胱壁が触った感じ固かったが
柔らかくなっていると思う。
固いほうが膀胱を見つけやすく絞りやすかったが
もちろん治った方が良い。

10月11日(火)
薬のためにさらに食欲が無くなると思ったが
今のところ逆に食べるようになった。
熱は続いているようでぼーっとしている。
でも辛そうな顔はしていない。

10月10日(月)
抗生物質が効いてる。
元の顔に戻ってすやすや寝ている。
ただ熱がある。見た眼で耳の内側が赤いのがわかる。
内腿で体温を測ったら39度あった。
発熱、嘔吐、下痢ぐらいなら覚悟の上。

10月9日(日)
夜中なってもずっと寝ない。小さな音にも怯えている。
おそらく痛みのストレスから来る神経症状と思う。
昼過ぎにようやく普段の表情に戻る。
この抗生物質が効かないと後は無い。

10月8日(土)
夜中3時突然痛みを訴える。
痛みで寝れないらしくずっと寝返りを繰り返す。
痛み止めが効かない、圧迫排尿も出来ない状態。
夕方病院に抗生物質をもらいに行く。
チャットはその後一睡もしていない。
猫はこんなに長く起きているのは初めて見る。

10月7日(金)
まだ調子がいまいちの様子。
ぐったりして目を開けたまま寝ている。
具合の悪い時はいつもそうで、調子が良い時は
目をしっかり瞑って寝ている。

10月6日(木)
検査の結果、新しい抗生物質の投与を検討するが
食欲の無い状態なので延期。
強い薬なので体力の無い時は投与したくない。
何をするにもエイズの発症を防ぐ方法を選びたい。

10月5日(水)
少し食欲が出た。
カリカリを2~3粒食べるだけだが
それを数時間ごとに繰り返す。
缶詰は食べなくなった。

10月4日(火)
今日も食欲無し。
固形物はだめだがスープとお水は飲んでくれる。
おかげでおしっこは出る。
強制給餌で栄養だけは取れてるはず。

10月3日(月)
チャット1日ぐったり。食べようとして諦める。
口が痛いのかも知れない。
治療しなければいけない歯あるが今のところ
塗り薬でこれ以上悪くならないようにしている。

10月2日(日)
やや食欲は落ちたものの痛みは無さそう。
圧迫排尿の回数を増やしてみた。
ほぼ4時間に一度で7割ぐらいで止める。
そのほうが膀胱の負担が軽いかも知れない。

10月1日(土
お店のチャットハウスに電気あんかを入れた。
気持ち良さそうに寝ている。
下半身麻痺から今月で1年経つ。
医学的には元には戻らないそうだが、
私もチャットも諦めない。 必ずもう一度歩く。
    
2016年 9月 (1月より新しいメモが上になっています)
9月30日(金)
エコーで見たところ先日まであった膀胱内の
白いモヤモヤが無くなっていた。
なぜ急に菌が少なくなったのか分らないが
1週間後に再度尿検査をすることになった。

9月29日(木)
尿検査の結果、菌が減っていたので抗生剤を中止。
明日エコーで膀胱を見てから再度判断することになった。
使わなくて良いものなら使いたくない。

9月28日(水)
お腹を押すと痛がるのでおしっこが半分ぐらいしか出せない。
抗生物質を使う事になると思うが、もしこれが効かなかったら
もう後は無い。耐性菌の怖さもあるが副作用も怖い。
おそらくまた食べなくなると思う。

9月27日(火)
血尿と一緒に白いどろどろした膿が出た。
電話で病院と相談、木曜日に尿検査で
再度抗生物質を使うかどうか検討することにした。
今日はごはん食べてくれた。

9月26日(月)
午後に再び失禁、血尿。
痛がる前に痛み止め投与。
体温も下がっていたのでカイロで温める。
1日元気も食欲も無い。強制給餌。

9月25日(日)
見た目では血尿は止まったが便の色が変。
これ以上悪いところが出来ないで欲しい。
痛くはなさそうだが元気が無い。
夕方軽い痙攣をおこしたがすぐに治まって良かった。

9月24日(土)
圧迫排尿で何度か血の塊が詰まったが、
膀胱を軽く揺さぶると塊が取れることがわかった。
スライム状の血の塊がいくつも出た。
こんな物が細い尿道を通ることに驚く。

9月23日(金)
病院で血液、尿、便とすべての検査。
エコーで膀胱を調べると膀胱内にまだ血の塊がある。
圧迫排尿の際にこれが尿道に詰まるのが一番怖い。
外注検査で膵臓のリパーゼも検査してもらう。

9月22日(木)
朝一で別の止血剤を病院にもらいに行った。
2種類の止血剤を同時に投与する。
血尿はまだ止まらないが痛みは治まったように見える。
今日は痙攣は無い。


9月21日(水)
午後急に嘔吐、失禁、痙攣、血尿。
足を縮ませるような動きをしていたので
おそらくお腹が痛かったのだと思う。
痛み止めを投与後、体を温めた。
痙攣はしばらく続いた。

9月20日(火)
今日も栄養剤投与。
このところ良く寝るが日に日に足の力は
強くなっている気がする。
良い事とは思うが危ないので目が離せない。

9月19日(月)
チャット今日は食欲無し。
夕方まで待っても食べないので栄養剤を強制給餌。
食べる日は栄養剤を与えないが、しばらくは
食欲があっても栄養剤を与えることにする。

9月18日(日)
食欲はまあまあだが元気はいまいち。
雨のせいと思いたい。
今日は痙攣は起こしていない。
そろそろ血液検査をしないと腎臓も心配。

9月17日(土)
身体のあちこちが勝手に動くみたいで、
自分でもびっくりしている。
ケージにぶつけて怪我をしないように足を保護する。
良くある脊髄反射の痙攣とは違う。

9月16日(金)
やや食欲が落ちた。
寝返りの回数が半端ない。
昼も夜も目が離せない。
身体のどこかが痛いか不快なよう。
9月15日(木)
なぜか1時間に1度寝返りをする。
体を動かしたいのかも知れない。
そして良く寝る。食欲より睡眠の日。
今日は食べた物を消化する日かも。

9月14日(水)
食べてくれるという当たり前の事がこんなに嬉しい。
顔の表情が1週間前と明らかに違う。
無理やりの強制給餌では身にならないのかも知れない。
自ら食べることはこんなにも大切。

9月13日(火)
足のマッサージをしていると足に力が入っている。
この半年ぐらいでだいぶ神経が復活した気がする。
このまま食欲がキープ出来れば筋肉も付くと思う。
立てるようになるかも知れない。

9月12日(月)
食欲があるので食べれるときに食べて欲しいと思い
たくさんあげたら吐いた。
でも気のせいかしっぽの反応が良い。
早くしっぽで返事が出来るようになって欲しい。

9月11日(日)
止血剤が効いたようでチャット復活。
血も垂れ流しも止まった。
おしっこが細くしか出なかったので尿道が炎症を
起こしていたと思われる。
止血剤は炎症を抑える効果もあるらしい。
早く落ち着いて足腰のリハビリを再開したい。

9月10日(土)
明け方突然嘔吐、と同時に血尿が垂れ流し状態に。
お腹を圧迫すると痛がるので痛み止め投与。
チャットは久しぶりにおしめ着用で出勤。
夕方病院に止血剤を取りに行く。

9月9日(金)
抗生剤を止めたらどんな症状が出るか観察していたが、
ひたすら寝ている。
食欲はあるようだが具合が良いのか悪いのかわからない。
楽になったので良く寝れるようになったと思いたい。

9月8日(木)
検査の結果、膀胱炎は改善されていなかった。
菌を培養して調べて効くはずの抗生剤を
使用したのに3種類とも効果が無かった。
チャットの負担を考えて抗生剤を中止した。
お尻の出血が止まらず痛々しい。

9月7日(水)
久しぶりに良く食べてくれた。
下痢は止まらないが抗生剤を止めれば
止まると思う。 明日の検査結果次第。

9月6日(火)
いままで一番酷い痙攣。
時間も長かった。約1時間半。
背中を温めて痛み止め投与。
その後ぐったり。食欲も無い。
呼吸も早かったのでかなり疲れたと思う。

9月5日(月)
食べようとするが量はたいしたことない。
でも自分から食べようとするのは嬉しい。
痛みも無くなってきた様子なので
そろそろ歩行訓練を再開したい。

9月4日(日)
チャット今日は調子が良さそう。
久しぶりに大好きなプチプチで遊んだ。
昨夜はまた痙攣を起こしたのだが、良くなったり
悪くなったりが目まぐるしい。困る。

9月3日(土)
足の筋肉を付けたいのでささみをミルでクリーム状にして
与えることにした。(強制給餌)
おしっこの出をよくする漢方を1日2回に増やしためか
おしっこの出がスムーズで前ほど痛がらない。
エコー検査で腎盂が肥大していたのが気になる。

9月2日(金)
チャット少し復活。カリカリも食べてくれた。
抗生物質の副作用が1週間後に出る場合もあるらしい。
下痢のためお尻を拭き過ぎたのか血が出た。
お薬をあげる際に指を噛まれ私も血が出た。

9月1日(木)
チャットは急に具合が悪くなった。
食欲はゼロ。 下痢もしている。
尿検査の結果も良くはなっていなかった。
同じ抗生物質をあと1週間続けることになったが
耐性菌が出来ないこと祈るだけ。
              
2016年 8月 (1月より新しいメモが上になっています)
8月31日(水)
夕方まで調子が良さそうだったが突然痙攣。
痛み止めを飲ませてカイロで背中を温める。
しばらくして落ち着いたが目が離せない。

8月30日(火)
以前は好きだったが最近は見向きもしなかった
賞味期限切れの缶詰があったのでチンしてあげた。
すごい勢いで食べた。
一緒に暮らし始めた時に大好きだったもの。
あの頃を思い出してもう一度歩きたい走りたいと思って欲しい。

8月29日(月)
台風接近のためチャットとお店にお泊り。
今日は食欲いまいち。
天候と食欲がみごとなぐらい一致する。
食べない日は栄養剤を多めに与える。

8月28日(日)
抗生物質が効いたのか前ほど圧迫を痛がらない。
でもおしっこの臭いが気になる。
初めて嗅ぐ臭いだが薬のせいかも知れない。
ちょっとケミカルチックな臭い。

8月27日(土)
覚悟していた阿波踊りだったが雨のため静か。
チャットもひと安心。
良く食べて良く寝ている。

8月26日(金)
今回の抗生物質は今のところ見た目の副作用は無い。
それどころか目の元気さが戻った。
食欲もある。食べ過ぎで吐いた。

8月25日(木)
抗生物質を替えて1週間後にまた検査。
今度の抗生物質は味の評判がかなり悪いと言う。
チャットはたいがいのお薬は大丈夫。
だが今回のはあげたとたん泡を吹いた。

8月24日(水)
また膀胱圧迫を痛がる。
明日検査でまだ膀胱の炎症があるようなら別の
抗生物質を使う事になる。
今度はどんな副作用が出るかのほうが心配。

8月23日(火)
チャットはこのところ家のほうがお気に入り。
ソファーの背もたれが良い爪とぎになってるせいかと。
爪とぎが出来るくらい力が出てきた。
だがお店のチャットハウスの爪とぎは見向きもしない。

8月22日(月)
台風のため夕べもお店にチャットとお泊り。
抗生剤の効き目があと3日のせいか食欲が出てきた。
お腹も痛そうにしていない。
だがオリーブオイルをあげすぎて下痢をした。

8月21日(日)
お水を飲む量が異常に増えた。
明らかに腎不全の症状。
薬と圧迫排尿で腎臓に負担がかかってる。
ドミノ倒しのようにチャットの体が壊れて行く。

8月20日(土)
今日の尿検査の結果、出血も無く細菌が減っていた。
今の抗生物質の効き目が切れる来週の木曜日まで
様子を見ることになる。
痛みはまだあるみたいなので圧迫排尿が大変。

8月19日(金)
培養検査の結果今の抗生物質は効かないことが判明。
明日から別の抗生物質で治療のやり直し。
お腹を触ると痛いみたいで痙攣している。
痛み止めを投与。

8月18日(木)
昨夜はお店にお泊り。
最近は一緒に寝てるので、チャットは一人寝が不安らしく
夜中に何度も起こされる。
私は床で寝てるのでチャットの寝返りのたびに
起き上がらなくてはいけない。
私もチャットも夜寝る時は家のほうが楽。

8月17日(水)
食欲が出てきた。カリカリも食べる。
しかしまた膀胱圧迫を痛がるようになった。
検査結果が明日にも出ると思う。
病気との戦いは薬との戦いでもある。

8月16日(火)
食欲は少しづつ出てきたが、途中で止める時がある。
食べようとするが諦めるような感じ。
しきりに口を舐めているので、おそらく口の中が
気持ち悪いのだと思う。
以前にも抗生剤を使った時にあった症状。
8月15日(月)
おしっこ順調。
カリカリも10粒くらい食べた。
とにかく眠いらしい。ひたすら寝る。
起きるたびに少しずつ治って欲しい。

8月14日(日)
日に4回絞るおしっこは見た目は普通の色に戻った。
目がうつろで食欲は無いがお水を飲んでくれるのが救い。
現在食事はミルで潰した流動食。
薬も混ぜて1日小さなシリンジで約30本。
食べてくれる時はその分を減らす。

8月13日(土)
出血がようやく止まった。
薬が効いているのか寝るでも起きるでもなく
ぼーっとしているが痛みは無さそう。
口が気持ち悪いようで固形物は拒否。

8月12日(金)
尿検査の結果、抗生剤が効いていない。
再度培養検査に出す。結果が出るまで1週間。
それまで2週間もつ注射の抗生剤で繋ぐ。
以前はこれが効いたので今回も効いてほしい。

8月11日(木)
夕方のおしっこの時間に急に出なくなった。
血の塊が尿道に詰まっている。
時間をかけゆっくり絞るが今までにない抵抗。
破裂の恐れがあるので病院に行く。
エコーを見ながらのカテーテルで導尿処置。


8月10日(水)
朝4時に血尿が垂れ流しになってることに気が付く。
チャットの左半身は真っ赤になってしまった。
残りを絞ったが血しか出てこない。
痛そうに鳴くので痛み止めを投与。

8月9日(火)
圧迫の際おしっこがスムーズに出るようになった。
血も血の塊も肉眼ではわからなくなった。
でも食欲はいまいち。
潰したごはんをシリンジで強制給餌の日々。
抗生物質を止めれば食欲は出るはず。 あと3日。

8月8日(月)
血尿の色はだいぶ薄くなってきた。
突然漏らしてしまうので油断は出来ない。
でもなるべくおしめはさせたくない。
以前のような酷いおむつかぶれはかわいそう。

8月7日(日)
朝突然に血尿が垂れ流し状態となる。病院に直行。
薬が効いてるのか合わないのかは不明だが、12日
まで今の抗生物質を続けないとかえって危険という判断。
夜になっても血尿が止まらない。体重もさらに100g減った。

8月6日(土)
チャット熱がある。耳がかなり熱い。
そのせいかずっと寝てる。
栄養剤を多めにあげるしか手が無い。
お店のクーラーのせいかも知れない。

8月5日(金)
病院日。院長と相談の結果あと1週間今の
抗生剤を続けることになった。
徐々に増えていた体重も100g減った。
でも本調子ではないが食欲はある。

8月4日(木)
おしっこの出が良くない。
尿道が腫れているのかおしっこが細く出る。
おしっこを絞った後、足を縮めて痙攣を起こす。
すぐに収まるが痛いような気がする。

8月3日(水)
チャットだいぶ復活。
漏らすこともなくなりおしめもとれた。
でもまだ目つきがおかしい。
持った感じ体重も減ったと思う。

8月2日(火)
容体は少し落ち着いたが元気無し。
突然変な動きをしたり怯えたりする。
明らかに神経の異常。
血尿はだいぶ薄くなったがまだ地の塊は出る。

8月1日(月)
チャットはおしめを着用のまま。
4月の日記でやはり同じ抗生剤で血尿が出てる
ことを病院に連絡する。 私も忘れていた。
しかしその1週間後に改善が見られてるので
今回も期待するしか無い。抗生剤を止めるのは危険。
2016年 7月 (1月より新しいメモが上になっています)
7月31日(日)
夕べから血尿と下痢が垂れ流し状態。
久しぶりにおしめ着用。
抗生物質が効き過ぎたと思うが、途中で止めると
また耐性菌が出来やすくなる。頑張れチャット。

7月30日(土)
朝急きょ病院に行く。
痛いままではかわいそうなので抗生物質投与を決定。
1週間後の検査でその後を考える。
チャットは薬のせいでぼーっとしている。
3か月時間が戻ってしまった。

7月29日(金)
チャットの容体は悪いまま。
圧迫の際に痛がるので久しぶりに痛み止め投与。
再び抗生物質の投与しかないかも知れない。
病院に連絡したが院長がいないので明日また連絡。

7月28日(木)
外注の血液検査の結果膵臓の数値が悪くなっていた。
おしっこの検査でも菌が増えていた。
ストレスにより急に容体が悪くなった気がする。
原因はおそらく24日(日)の商店街イベント。
チャットは鐘と太鼓は大嫌い。

7月27日(水)
食欲は少し戻ったものの食べかたが弱々しい。
お水は飲んでくれるのでおしっこは出ている。
栄養を取らせて筋肉を付けさせたいが
腎臓に負担がかかってしまう。
バランスが難しい。

7月26日(火)
チャット食欲無し。
圧迫は相変わらず嫌がる。
栄養剤を多めに投与。
ぐったりしてるのは気候のせいと思いたい。

7月25日(月)
突然圧迫拒否される。
お腹を押されるとすごい声を上げて痛がる。
でも出さない訳にはいかない。
家内にチャットをおさえてもらい圧迫排尿。
半分ぐらいしか出してあげれなかった。

7月24日(日)
「チャット日記」を1ヶ月ぶりに更新しました。
こちらをご覧ください。

7月23日(土)
明け方起きれずチャットは漏らしてしまった。
溜まっているほうがでおしっこは出しやすい。
しかしそれでは菌が繁殖しやすくなる。
8割溜まったところで圧迫するのでチャットも
辛いかも知れない。

7月22日(金)
チャット今日は調子が良さそう。
ごはんもたくさん食べる。
圧迫も嫌がらない。
毎日こうであって欲しい。

7月21日(木)
圧迫排尿を嫌がったので途中中断。
うんちが2日間出ていない。
便秘でお腹を押されたら苦しいかも知れない。

7月20日(水)
チャットとお店にお泊り。
現在おしっこ時間は7時間おき。
日々ずれていくが次は朝の5時。
この時間が一番起きれない時間。でも頑張って起きる。

7月19日(火)
チャットやや復活。控え目だがごはんも要求する。
お水を飲む量がやはり半端ない。
この分ごはんが入らないとするとちょっとまずい。

7月18日(月)
チャット朝から具合が悪そうでぐったりしている。
久しぶりにお腹が痛そう。(膵臓だと思う)
膀胱圧迫を嫌がる。
腎不全の場合、痛み止めは控えたい。

7月17日(日)
血液検査の結果、やはり腎臓が弱っていた。
今後タンパク質とリンを抑えた食事にしなければいけない。
筋肉を付けるためタンパク質や栄養が優先だったので
ある程度は覚悟していたがチャットに申し訳ない。
7月16日(土)
チャット久々の病院。
血液検査をしなければ腎臓の具合が心配。
病院に行った日のチャットは夕方まで落ち込んでいる。

7月15日(金)
午前中に何とか工事終了。
大きな棚をふたつばらすのに時間がかかった。
2階部分は今までの倍の広さになった。
これでごはんもトイレも自分から出来る準備が整った。
チャットは広さに戸惑っているが徐々に慣れるはず。

7月14日(木)
朝6時よりチャットハウス増築工事開始。
家からケージひとつ持って来て2階建てを
繋げて2階部分をワンフロアにする計画。
まず全部ばらして後ろの棚ふたつも外す。

7月13日(水)
明日チャットハウスの改造工事をしようと思う。
なんとか1日で終わらせたい。
かなり頑丈に作ったものなので簡単には
ばらせないと思うがチャットのために頑張る。

7月12日(火)
チャットの顔つきが戻った。
やはり2~3日具合が悪かったみたい。
栄養剤を多めにして体を温めたのが良かったと思う。

7月11日(月)
お水を飲む量が半端ない。
熱のせいだと思うが腎不全が心配になる。
食欲は戻りつつあるが、いまいち元気がない。

7月10日(日)
チャット寝すぎる。様子が変。
少し熱があるかも知れない。
クーラーで風邪をひいた可能性あり。

7月9日(土)
チャット、今日は寝る日。気持ち良さそうに寝ている。
見た目普通で立ち上がって背伸びしてもおかしくない。

7月8日(金)
チャット元気で良く食べる。
何度か自力で寝返りを試みるがやはりまだ無理。
右の踵が言う事を聞かないようだが、痛めた可能性あり。

7月7日(木)
チャットの部屋の改造を計画中。
ワンフロアを広くしてトイレとごはん&お水の
スペースを作る予定。
いつやるか?1日では不可能。

7月6日(水)
明日は法事で朝早いのでお店にお泊り。
いつものように床にダンボールを敷いて寝る。
チャットは嬉しそう。

7月5日(火)
なぜか通勤のキャリーの中でよく鳴くようになった。
心配になって途中何度も止まって中を覗く。
元気だった頃は声が涸れるまで鳴いていたが
その頃にだんだん戻ってきてると思いたいところ。

7月4日(月)
以前のようにチャットが営業中はトイレに行かないと
お店がひとりで動かせるので、今日は12時から20時
までおしっこがまんの再挑戦したがやはり19時に漏れた。
寝てる間は水分を取らないので夜だと8時間は
大丈夫なのだが、昼間はやはり無理か。

7月3日(日)
あまりに暑いためチャットキャリーの上の窓に
濡れ手ぬぐい+保冷剤を設置。
完璧だが、雨漏りするかも知れない。

7月2日(土)
立ち上がったり歩いたりするのに肝心なのは
やはり腰のようだ。
腰のストレッチをするようになってから下半身の
反応がかなり良くなってきた。

7月1日(金)
食欲も戻り、足の痛みも治まったもよう。
キャリーの上部のチャックを開けると内部に風が通る
ことがわかった。暑い日はここに濡れた手ぬぐいを
乗せると快適なクーラー代わりになる事も発見。
夏の往復はおそらくこれで大丈夫。
         
2016年 6月 (1月より新しいメモが上になっています)
6月30日(木)
久々に病院に連れて行こうと思っていたら、自力で寝返りを
しようとしてソファーから滑り落ちて台との隙間にはまった。
怯えているので宥めていたが1時間経ってもダメ。
仕方なくうんちとおしっこだけ病院に持って行く。
検査結果は次回ということになってしまった。

6月29日(水)
チャットは久しぶりに食欲がない。
元気は元気だが良く寝る。
やはり寝て痛みを治そうとしてるのかも知れない。

6月28日(火)
キャリーの中で足を痛めた可能性もある。
キャリーに入れる際にいつも左足を下にしている。
いままでは出すまでその姿勢のままだったが、
中で動かれるようになるとどうしようもない。

6月27日(月)
左足が痛いようだ。
寝返りの際に変に体重がかかったのかも知れない。
リハビリ&マッサージはしばらくお休み。

6月26日(日)
数日前からクランベリーのサプリを始めた。
どのくらいで効果が表れるのかは分からないが
定期的な尿検査はしているので次回に期待したい。
ただし腎臓や肝臓の悪い猫には分量を抑えて
与えなければいけないらしい。

6月25日(土)
チャットの体重は現在5,3Kg。
紙カツのようだった腿もだいぶ筋肉が付いた。
足の指先の力も付いてきて指も背伸びさせると開く。
着実に神経と筋肉が蘇っている。

6月24日(金)
今日は足の力がすごく強い。
具合が悪くなったときも急ですごい速さで悪くなったが
良くなる時もこんな感じだと嬉しい。
でも油断は禁物、これだけを心がけている。

6月23日(木)
3日連続早朝出勤はきついのでお店に泊まった。
チャットは満足していた。
でも夜中に食べすぎで吐いた。
ほぼ寝ることは出来なかったが雨の通勤よりまし。

6月22日(水)
本日も早朝出勤。チャットは相変わらず食欲がある。
1日7~8回の寝返りの際に背中を反らせて
環跳というツボを親指で押すようにしているが
その際に最近しっぽが上がるようになってきた。

6月21日(火)
通勤時間に雨が降りそうなので早朝5時に出勤。
チャットは喜び夕方まで食欲が絶えることはなかった。
夏はチャットのためにも早朝出勤が良いかも知れない。
とても涼しいし車は少ないし快適。

6月20日(月)
膀胱炎にはクランベリーが良いというのは聞いたことがある。
たしかクランベリーエキス入りのカリカリがあったような。
クランベリーは尿を菌の生きれない弱酸性にするらしい。
ジャッコ姉さんには目のためにブルーベリーを与えていた。


6月19日(日)
「チャット日記」を1ヶ月ぶりに更新しました。
こちらをご覧ください。


6月18日(土)
チャットのお薬一式をお店に忘れて帰ってしまった。
夜と朝のお薬抜きになってしまったが、サプリだけは
家にも置いてあるのでサプリのみ与える。

6月17日(金)
お店に来れるとやはり顔がちがう。良く食べてよく寝る。
着いたら病院、というのはかなりショックなようなので
昨日は連れて行かずおしっことうんちだけ持っていって
検査のみのした。膵臓の具合は良いようだが膀胱の
菌のほうはまだまだ手ごわい。
6月16日(木)
お店に行かなかったのでチャットは落ち込む。
ごはんも半分くらいの量しか食べない。
リハビリに集中したいが2分ぐらいを小まめにして
嫌がる前に止めないといけない。

6月15日(水)
最近チャットの膀胱をつかむ感触が以前と違う。
圧迫もカテーテルも素人が長くやってはいけない
のかも知れない。
圧迫の際に腎臓への逆流の報告もあるようだ。

6月14日(火)
明け方起きれなかった。
8時間経ってしまったがぎりぎりセーフ。
お腹を触ったとたんおしっこが出た。
寝てる間は水分を取っていないので我慢出来たと思う。

6月13日(月)
キャリーの新しい内装は不評だった。
中に入ったとたん悲鳴を上げた。
じき慣れると思う。

6月12日(日)
チャットの通勤キャリーの内装を冬バージョンから
夏バージョンに改造。
段ボールや防寒シートを取ったのでだいぶ重量も減った。
少しは通勤が楽になるかも知れない。

6月11日(土)
明け方から良く食べる。
昨日は食べすぎで吐いたので今日は量を調整。
おしっこの時シートが裏になっていたので
チャットがびしゃびしゃになった。

6月10日(金)
おしっこさせようとしたらお客様が来た。
帰られたら再開と思ったら漏れてしまった。
最近は漏らしたら鳴いて教えてくれる。

6月9日(木)
今日は入れ替え作業なのでチャットはお店で爆睡。
雰囲気で今日はお客さんが来ないのが分かるらしい。
そういえば病気になる前からそうだった。

6月8日(水)
爪とぎ用に絨毯の切れはしを入れておいたら
初めてそれを使って爪をといでくれた。
チャットも満足そう。
だんだん元の生活らしくなってきた。

6月7日(火)
雨のせいかよく寝る。 気持ち良さそうな寝顔。
寝てる間に体がどんどん修復されているような気がする。

6月6日(月)
おしっこの時間がずれていくため3時とか4時になることが
あるが、おしっこをさせている夢を見ていることがあるので
目が覚めた時、一瞬どちらかわからない。

6月5日(日)
毎晩1時間おきにチャットに起こされるが、
昨夜は起きれなかったのだと思う。
肩に爪とぎをされて起こされた。
お水が飲みたかったもよう。

6月4日(土)
腿の肉はだいぶ付いてきたと思う。
腰と膝から下の筋肉が付きづらい。
温水プールでのリハビリが良いと思うが
犬には効果があるが猫には向いていないそう。
チャットは絶対無理。

6月3日(金)
お店に来れて嬉しそう。非常にわかりやすい猫。
体重は測っていないが往復肩が痛い。
薄着になったせいもある。

6月2日(木)
お店に行って仕事をする体力がなかったため
チャットもお店に行けず1日落ち込んでいた。
食欲もいまいち。

6月1日(水)
良く食べるが体重が増えると歩行訓練が辛くなる。
食べなければ筋肉が付かない。
リハビリ時間を増やせば良いと思うが、やはり人も猫も
食事と運動のバランスは難しい。


2016年 5月 (1月より新しいメモが上になっています)
5月31日(火)
日々足が力強くなっていく。
食欲も元気だった頃と変わらなくなってきた。
膝の筋肉がもう少し付けば立てると思う。
下半身が動かなくなってから7ヶ月経った。

5月30日(月)
お腹を押すと痛がる気がする。
膵臓の膿胞は動くと痛いらしいのでお腹に衝撃を
与えたくないが3日前の寝返りが気になる

5月29日(日)
寝返りの際の蹴る力がすごい、ほぼジャンプ。
支えていないと下半身はどこに行くかわからない
危険度が増した。リハビリ中の事故は怖い。

5月28日(土)
足の蹴る力はだいぶ付いてきた。
寝返りは補助をすればスムーズに出来る。
回復があまりにも早いので、まだ先と
思っていたお座りから立ち上がる練習を
しても良いかも知れない。

5月27日(金)
寝返りの際に変に足に力が入ってようで
下半身だけジャンプして横に倒れた。
非常に危なかった。
衝撃で腰と膵臓が心配。


5月26日(木)
昨日まであった食欲が今日は無い。
栄養剤を多めに投与。
今日もひとり寝返りが出来た。
でもまだ寝返りした後に直しが必要。

5月25日(水)
偶然かも知れないが夕方ひとりで寝返りをした。
しっぽが動かせないまま寝返りが出来ると危険。
骨折するかも知れないので目が離せなくなる。

5月24日(火)
腰と膝のための新しいリハビリを導入。
チャットも気持ち良さげ。
左足の動きのほうが良くない。

5月23日(月)
なぜかしっぽが動かなくなった。
理由がわからない。
何かどこかで間違ったことをしてるかも知れない。
神経と筋肉の勉強をしなければ。

5月22日(日)
良く食べるようになったのでお腹の肉が蘇ってきて
また膀胱の位置が分かりにくくなってきた。
膀胱は動くので一度逃すともう一度しっかりと
つかむのが難しいが、さらに難しい体形の猫。

5月21日(土)
おしっこは弱酸性だと菌が繁殖出来ないので
チャットのおしっこはは弱アルカリ性だと思う。
空腹状態だと弱酸性になるそうだが、せっかく
食欲が戻ったところなので空腹療法はきつい。

5月20日(金)
猫スタンドを使ってのリハビリは効果がありそう。
立ったままの姿勢で足が前に出るようになった。
自分の体重を支えられるようになるには
まだ時間がかかると思う。

5月19日(木)
病院日。おしっこと便の検査。
膀胱内の菌はまだいる。治療継続。
便は未消化の物があり、膵臓の機能が問題。
治療は絶食になるので今はしたくない。

5月18日(水)
良く食べる。
食べ過ぎて吐いた。
吐くというのはすごく体力が必要な事なので
それだけ体力が付いたという事かも。

5月17日(火)
雨のせいか良く寝る。
チャットが突然立ち上がって背伸びをする、
という夢をよく見る。 現実になって欲しい。

「チャットの日記」更新しました

5月16日(月)
舌の動きが変だったのが改善されてきた。
神経症状のひとつだと言われ、調べたら
煮干しが良いらしいので毎日あげるようにした。
もしかしたら効いたかも知れない。(ビタミンB12)
5月15日(日)
12:00~20:00までおしっこ我慢に挑戦。
あえなく19:00に漏れる。
おしい。

5月14日(土)
おしっこを絞ってる時にお客さんが増えて
怖がってしまったので中断。2度目も中断。
閉店後にすると安心したのかおとなしく
絞らせてくれた。
開店前と閉店後にするしかないかも。

5月13日(金)
気持ち良さそうに良く寝る。
1日おきによく食べる日とよく寝る日がある。
寝てる間に神経の回復が進んでいると良い。

5月12日(木)
薬を飲ませるタイミングが難しい。
朝晩の薬と食間の1日3回与えるが
どうしても食間の薬が夜の薬&夕飯とが
一緒になってしまう。仕方ない。

5月11日(水)
おしっこ時間オーバーで漏れてしまった。
7時間が限界か。
漢方を止めれば1日2回に戻ると思うが
あと1週間飲まなければいけない。

5月10日(火)
猫スタンドの高さを少し高くした。
後ろ脚がかろうじて届く位が良い気がする。
猫は後ろ脚のほうが長いので前足は
届かなくなるが台を置けば問題ない。

5月9日(月)
キャリーの出入りの時に前足だけで移動してるが、
最近は後ろ脚が確かに蹴りを入れている。
下半身は横を向いているが、足の裏を手で支えて
あげると手のひらを蹴って前へ進んでいる。
5月8日(日)
こわくて完全絞りが出来ない。
8割絞りぐらいだと思う。
あと2割というぐらいで嫌がるようになった。
やはり痛かったのだと思う。

5月7日(土)
食欲はあるがどこか様子が変。
耳がずっと横を向いている。
どこか痛いかも知れない。
もしかしたら昨日のお腹のせいかも。

5月6日(金)
訳あってお店にお泊り。
圧迫排尿の際にまた変な音がした。
そして変な手ごたえ。 こわい。
余裕の顔をしてるので膀胱破裂はしてないと思う。

「猫スタンド」画像はこちら

5月5日(木)
「猫スタンド」を作ってみた。
これは歩行補助器ではなく立たせるだけのもの。
四つ足で立った状態でマッサージしたり、立つことを
思い出させたりするもの。
腰に負担をかけず、これでしばらく足踏みをさせてみる。


5月4日(水)
今日は久しぶりにあまり食べない。
水分は取るのでおしっこは出る。
明日は2週間ぶりの病院のはずだったが祭日で
お休みだった事を私も病院の先生も忘れていた。
薬が今日で切れた。

5月3日(火)
フリマがあるためおしっこの時間を変えたが
それでも間に合わず漏らしてしまった。
落ち込んだ顔をしていた。
毎6時間はなかなか難しい。

5月2日(月)
小さめの猫トイレを買って来た。
これを早くトイレと認識して欲しい。
時間はかかってもいつか自力でトイレに
行ってくれるようになるはず。

5月1日(日)
忙しくてチャットのおしっこの時間に間に合わず
少しだが漏れてしまった。
漏らした場所から自力で移動していた。
叱られると思ったのか怯えていた。
私が悪いのだから叱ったりしないのに。




2016年 4月 (1月より新しいメモが上になっています)
4月30日(土)
おしっこを出している時にしっぽが動くようになった。
しばらくしっぽが動かなくなっていたが排尿の際に
背中も押えているのでそれが刺激になっている様子。

4月29日(金)
開店すぐに人が沢山いたためかずっと鳴いていた。
夕方人が減ると落着きを取り戻した。
お客様がいても時間が来ればおしっこ絞り。
チャットも人前排尿がだいぶ慣れてきた。

4月28日(木)
今日も仕事が終わらないのでチャットとお店にお泊り。
やはりお店のほうが落ち着くよう。
家では聞きなれない音がするのか落ち着かない。
チャットのために歩くときもそっと歩いている。

4月27日(水)
仕事が終わらないのでチャットとお店にお泊り。
チャットは半年ぶりに自分の部屋で夜を過ごす。
不思議そうな顔をしてなかなか寝ない。

4月26日(火)
膀胱優先で膵臓も脊髄もその後放置なので
たまに不安になる。
見た目辛そうな様子は無くなったから大丈夫かも
知れないが、いつも安心していたところを落とされる。

4月25日(月)
やや元気が無いが以前に比べれば良いほう。
夕方からちまちま食べ始めた。
そういえば元気だった頃も夕方から動き始めていた。

4月24日(日)
今日も食欲がある。
おしっこもうんちもばんばん出る。
歩行訓練のための補助道具を作ろうと思う。
チャットの体形に合わせたものを思案中。

4月23日(土)
夕方から食欲が出た。
お店では体を伸ばして寝るようになった。
こうして寝たかったのかも知れない。
猫背のまま固まると歩けなくなるので
家でもなるべく体を伸ばして寝させてあげたい。

4月22日(金)
寝る前におしっこ絞りを忘れた。
あさ5時にチャットに「漏らした」と起こされた。
残りを絞って寝てもらった。
だいぶ元気になったが足の動きが少し悪くなった。
腰に力が入っていないので何とかしたい。
歩けるようになって欲しい。

4月21日(木)
病院日。 検査の結果だいぶ菌も減り尿も
よく絞れているので薬はそのままで次回は2週間後。
今日はお店に行けないので落ち込んでいる。
チャットは家内に任せてお店で仕事。

4月20日(水)
チャットはこの3日ほど調子が良い。でも油断出来ない。
何度も良くなったり悪くなったりの繰り返しなので、次に
悪くなったときのために痛み止めは用意してある。
出来れば使う事になりませんように。

4月19日(火)
自転車がパンクしたので往復歩き。
いつもと違うのでチャットはずっと鳴いてた。
キャリーの中に長く居るのは辛いと思うが仕方ない。
でもおかげでチャットは声が良く出るようになった。

4月18日(月)
漢方薬のせいかおしっこが良く出る。
6時間おきなのに80~100mlぐらい出てる。
1日の合計量は量はシリンジで取っていた時の
倍は出てると思う。

4月17(日)
今日は良い顔をしている。 ごはんの催促もする。
でもやはり食べる量は少ない。
足としっぽの動きは良い。
このまま頑張れ!

4月16日(土)
抗生剤の替わりの漢方薬はかなり厄介。
水に溶けない上、潰そうとすると固まる。
チュールにそっと混ぜて吸い取る。
シリンジもやっと通る荒い粉薬。
4月15(金)
食欲が無い時も寝ているところを起こして口元に
ご飯を持って行くと勢いよく食べることがわかった。
おそらく寝ぼけて本能的に食べていると思われる。
食べてるうちに目が覚めてくると食べるのを止める。
しばらくはこのやり方が使えそうだ。

4月14日(木)
病院日。検査の結果まだ菌はいた。
抗生剤は使わず漢方薬を試すことにした。
砂のような薬で水に溶けない。
チャットに試練がまた増えた。

4月13日(水)
家からお店に行く時、自らキャリーに入るようになった。
前足だけで器用に移動する。
しかもキャリーの入口で反転してお尻から入る。
みごとな猫だ。
でもたまに病院だったりすると悲しい声を上げる。

4月12日(火)
1ヶ月ぶりに日記更新しましたのでこちらをご覧ください。

4月11日(月)
チャットハウス2階を完全フラットにした。
このほうがおしっこを絞りやすい。
ほんの少し固形物を食べてくれた。
食べる量が少しずつでも増えて欲しい

4月10日(日)
固形物を食べない。
朝晩の濃縮栄養剤とスープで生きてる状態。
食べたいけど食べられない様子。
目に黄疸が出ている気がする。

4月9日(土)
抗生剤もステロイドも体に入っていないのは5カ月ぶり。
良い方向に向かえば良いが何が起きても不思議ではない。
とりあえず食欲0。
水分は取ってくれるのでおしっこは出る。

4月8日(金)
食欲が無い。
抗生剤を止めたら食欲が出ると思ったら以前より無い。
朝晩濃縮栄養剤を強制給餌。
動いていた足の動きが悪くなった。

4月7日(木)
病院日。
おしっこの状態も良いので抗生剤を止めることに。
1週間後に再度検査。

4月6日(水)
午後から急に具合が悪くなった。
久しぶりにお腹が痛いらしい。
お腹を触るととても嫌がる。
1ヶ月ぶりに痛み止め投与。

4月5日(火)
漏らさなくなったのでおしめを取ることにした。
我慢出来るようになったのは一歩前進。

4月4日(月)
食欲が無い。
抗生剤のせいなのはわかっているがどうしようもない。
栄養剤を強制給餌。

4月3日(日)
1日4回膀胱絞りをしてるのでかなり慣れてきた。
雌とは勝手が違うので最初はうまくいかなかった。
絞っている間モミモミゴロゴロしてくれる。

4月2日(土)
ケージの中の寝床マットを撤去してチャットの
下をフラットにしたら圧迫が楽になった。
チャットも具合が良いみたいで、
たくさんおしっこが絞れた。
来週の検査の結果が出るまで細菌が
増えるのを防ぐため6時間に1度猫絞り。

4月1日(金)
お店での猫絞り難航。
体を丸くして抵抗することを覚えた。
やり方を考えなくてはチャットも辛そう。
チャットハウスの構造を変えるしかないかも。





2016年 3月 (1月より新しいメモが上になっています)
3月31日(木)
病院日。
お世話になっていたY先生が今日で病院を辞めた。
おしっこの状態はだいぶ良くなっている。
もうしばらく抗生剤継続。
あとおしっこを溜めないようにする。
家では圧迫はやりやすいがお店では苦労する。


3月30日(水)
圧迫排尿と強制給餌でチャットに嫌われている。
立ち上がるだけで警戒する。
これで歩行訓練をしたらもっと嫌われると思う。

3月29日(火)
今日は食欲が無い。
抗生剤のためと思うが強制給餌再開。
体力と体重維持は大切。
油断するとあっという間に落ちてしまう。

3月28日(月)
病院で猫絞り。 血尿は出ない。
抗生剤は効いていそうだが元気がいまいち。
熱もありそうでぼーっとしている。
お腹もゆるい。 頑張れ。

3月27日(日)
新しい抗生剤を飲ませたとたん血尿が止まらない。
おむつが真っ赤になった。
悪いものが出ているのだと思う。
抗生剤が効いたとしたらおそらく明日にも
普通のおしっこになるはず、と思う。

3月26日(土)
培養検査の結果、耐性菌が見つかった。
今日から抗生剤を替えるが効く事を祈るしか無い。
尿を溜めないように最低6時間おきの圧迫排尿と
2日に一度の病院でのエコーを使っての全絞り。

3月25日(金)
今日は病院に行かずに私が全絞りに挑戦。
絞っている途中「コリッ」と音がした。
こわいので8割絞りで止めることにした。

3月24日(木)
病院3日目。
膿が出てこなくなった。血尿はあり。
ずっと大声で鳴いていたので帰るとぐったり。
次は日を空けて26日の予定。

3月23日(水)
「膀胱からっぽ作戦」2日目。
エコーを撮りながら4人がかり。
体重が2Kg減っても病気とは思えないほど力がある。
絞った後に補液。とりあえず3日間で膿を出し切りたい。

3月22日(火)
チャット日記をご覧ください。
1か月ぶりに更新いたしました。

3月21日(月)
水を飲む量が極端に増えた。腎不全かも知れない。
チャットは具合が悪い時ほど食べるような気がする。
食べて直そうとしてるのかも知れない。
保護した時もそうだった。
普通では食べれる状態ではないと言われたが
血だらけの口で勢いよく食べていた。

3月20日(日)
膀胱を絞るとおしっこではなくほぼ膿。
そう麺のような状態で出てきた。
かなり重度な膀胱炎。耐性菌だと思う。
外注検査で菌を調べたいが連休のため無理。
火曜日に連れ行き直で尿を採取することになったが
検査に1週間かかる。腎臓が心配。

3月19日(土)

いつもおしっこを絞ろうとするとすでに漏れている。
朝5時に起きてようやく先回りに成功。
漏れるとおしめをしていてもお尻と足がびしょびしょに
なるのでなるべく先回りしたいが、難しい。

3月18日(金)

朝から食欲がある。
おしっこの調子も良い。
このまま行って欲しい。
おしめのままだと足のリハビリがし難い。

3月17日(木)

病院の日。抗生剤を注射に替える。
弱った胃には飲み薬だと効きにくいらしい。
そのせいか夕方から生き生きとした目になった。
注射が効いたと思う。

3月16日(水)
おしっこを絞った後に元気が無くなる。
膀胱が痛いかも知れない。
久しぶりに痛み止めを投与した。
明日病院で相談してみる。
3月15日(火)
食欲はあるが元気が無い。
今日は圧迫をすごく嫌がる。
抗生剤が効いてない気がする。
下痢も止まらないのでおむつ交換が大変。

3月14日(月)
漏らしているおしっこはさらさらしてるが
圧迫で出すとまだどろどろした膿が出てくる。
色は濃くはない。痛みも無さそう。
今日は食欲もある。カリカリを食べた。
良くなってきてると思いたい。

3月13日(日)
カリカリを少し食べてくれた。
食べる気はあるようだが口がうまく動かない様子。
おしっこは漏れているのでやはり外せない。
足の付け根を圧迫するのでせっかく動くように
なった足の血流が悪くなるのではと心配。

3月12日(土)
尿漏れは少なくなったと思う。しかもきれいな尿。
ある程度我慢が出来るようになったかも知れない。
8時間おきの1日3回の圧迫にしてみようと思う。
固形物は食べないがスープはガンガン飲む。

3月11日(金)
圧迫排尿を嫌がらなくなった。
菌が溜まらないように4時間おきの排尿させるため
毎日営業中にもおむつ交換をする。
現在菌&ウィルスと闘ってるため熱がある。
栄養剤で後方支援。

3月10日(木)
病院の日。今日でステロイド投与終了。
目の異常は猫ヘルペスウィルス角膜炎の疑い。
ステロイドがウィルスに良い環境を作ってしまった。
野良猫時代に感染したものと思う。

3月9日(水)
お腹がゆるい。一緒に暮らしてから初めて。
おしっこは圧迫の前に出てしまっている。
どろどろしたものはもう出ない。
もう出ないで欲しい。

3月8日(火)
朝圧迫したら血尿が出た。
膿尿もまだ出るので4時間おきの圧迫排尿になる。
目も充血しているので何か菌にやられたかも知れない。

3月7日(月)
昨夜突然おしっこが漏れた。4か月ぶり。
すかさず圧迫排尿をしたらおしっこを出してくれた。
喜んだのもつかの間、おしっこ以外の物がいろいろ出てきた。
どろどろしたもの、茶色いもの…。
出てきたものを病院にもっていったら溜まっていた膿だった。
これはカテーテルでは吸えない。
4か月かけて溜まったものと思う。
抗生剤再開。良かったのか悪かったのかわからない。
その後おしっこは垂れ流し状態。おしめ着用。

3月6日(日)
今日は食欲がいまいちだったが、頂いた氷下魚を
あげたら一気に食べた。
氷下魚は食欲の無い猫でも食べるということです。
(一夜干しは塩抜きして下さい)
Tさん、ありがとうございました。

3月5(土)
今日も混雑が予想されたので、こぼしても良いので
ごはんとお水を寝床の横に置いておいた。
はいずってごはんのところに行き、器用に食べていた。
安心したがチャットは不満そう。

3月4日(金)
お客様が多く、まめにご飯やスープをあげられなかった。
かわいそうだったが夜いっぱい食べた。
早く一度に通常の量が食べれるようになると良い。

3月3日(木)
病院の日だったが展示会の入れ替えで行けなかった。
(前日の夜に手間取ったためですが)
薬だけ家内に取りに行ってもらった。
おしっこも持って行ってもらって検査。
菌も潜血反応も無いのでしばらく抗生剤を止める事に。

3月2日(水)
この3日ほど調子が良い。良く食べてくれる。
少し顔がふっくらしたかも知れない。
体重を測る暇が無いがきっと増えている。

3月1日(火)
食欲もありスープも飲む。
通常の量に比べてはまだまだ少ないが吐かないように
無理をさせずゆっくり体重を戻したい。

2016年 2月 (1月より新しいメモが上になっています)
2月29日(月)
足の動きが良い。
立つまではいかないが寝たまま背伸びをすると
足を延ばせるようになった。
ここまで動くようになるとは思わなかった。

2月28日(日)
カリカリを食べたが噛んだ後全部口からこぼれる。
舌が思い通りに動かないみたいで、スープを飲む
時の舌の動きも妙。 でも何か元気。

2月27日(土)
今日も明け方起こされてスープをあげたら吐いた。
その後不調。食欲旺盛は1日だけだった。

2月26日(金)
明け方に起こされる。
スープをあげるとすごい勢いで舐めた。
これを機に食欲が出たらしい。
5日ぶりにカリカリもウエットも自ら食べた。

2月25日(木)
久しぶりにお店に行かず家でチャットのリハビリ。
カニカマは食べる。この際何でも良い。
塩分とか添加物とか食べてくれればどうでも良い。
手探りで食欲のスイッチを探している。

2月24日(水)
スープは飲むが固形物は食べない。
カリカリをお湯でふやかして先を切ったシリンジで
飲ます。(先が細いとドロドロのものは吸えない)
これをきっかけに食べる場合もある。

2月23日(火)
昨夜は「猫の日」だったのでカニカマをあげた。
久しぶりに異常な食いつきだった。
今日は自分からごはんを催促した。
強制給餌が嫌らしい。


2月22日(月)
目の事ばかり気にしていたが食欲が落ちている
事も忘れてはいけなかった。
朝、体重を測ったら5kgを切っていた。
一度体重が落ち始めると止めるのが難しい。
時間を決めた本格的な強制給餌を始める。

2月21日(日)
夕方まで元気だったが容体が急変。
何も食べない、飲まない。
鼻が利かなくなっている気がする。

2月20日(土)
目薬と抗菌軟膏が届いた。
早速差したところ速攻効いた。
涙が止まってチャットも笑顔になった。

2月19日(金)
相変わらず涙は止まらないが辛くはなさそう。
今日はカリカリを食べた。
おしっこの量が急に減った。 涙のせい?

2月18日(木)
いったん良くなったような目だったが
今日また涙が止まらない。
菌もウィルスもいないという診断だったが
目の周りの炎症もひどく瞬膜が茶色い。
食欲が無く口内炎も心配なので病院で
口も痛そうでと言ったら、どこも切れてなく
歯も折れていないと言われた。

2月17日(水)
朝になっても涙が流れっぱなしなので病院連行。
休みだったが開けてもらった。
細菌などいろいろ検査してもらったところ、
「逆まつ毛」を発見。しかも太い。
抜いてもらったところ、お店で少し元気になった。
放っておくと結膜炎や角膜炎になるらしい。
ひとつしか無い目なので大切にしたい。

2月16日(火)
目を怪我したのかずっと目から涙が流れている。
元気も食欲も無い。
痛みは無さそうだが心配。
2月15日(月)
足は動いているが変な動き。
思い通りに動かないみたいで自分でも気に入らないらしい。
触られても気持ちが悪いのかも知れない。
まだ私が朝起きようとすると怯える。

2月14日(日)
天気のせいか穏やか。
痛みが無いのか寝返り要求の回数が少ない。
食欲も出てきた。

2月13日(土)
今朝貧血で倒れた(私が)。 しかも倒れた場所がチャットの上だった。
怯えるチャットをなだめるのに時間がかかり遅刻寸前。
せっかく少し調子が良くなったのに悪い事をしてしまった。
お店に着いたら機嫌が良くなり久しぶりに固形物を食べた。

2月12日(金)
病院日。
待ち時間が長かったので診察中かなり不機嫌。
お店に着いたらぐったりしてそのまま具合が悪くなる。
痛み止め投与。

2月11日(木)
今日も足としっぽが動いている。
試しに立たせてみるが足がクロスしてしまう。
筋肉さえ付けば歩けるかも知れない。
今日も夕方の痛み止めは必要なかった。

2月10日(水)
足としっぽが動いている。
横になってモミモミしてる時に足も一緒に動いているので
明らかに自分の意思で動かしている。
今日はいつもの夕方の痛みは訴えない。

2月9日(火)
2回嘔吐。このようになるまでよく吐いていた猫だが
下半身麻痺になってからは不思議と吐かなかった。
もしかすると吐く体力が付いたのかも知れない、
と思いたい。

2月8日(月)
1日ぐったり。目力が無い。
最近体温が上がったように見えたが今日は低い。
時々ピクンと今までに無い痙攣(?)がある。

2月7日(日)

スープは良く飲むが固形物はいまいち拒否。
キャリーの出し入れの際にいつもより抵抗し大声で叫ぶ。
足が痛いような気がする。
これ以上痛いところを作りたくない。

2月6日(土)
夕方になると具合が悪くなる。
日によって朝の痛み止めが切れる時間が変わる。
ユッカのみスープに混ぜてあげてみた。
しばらくして落ち着いたのでこれだけでも
効果があるかも知れない。

2月5日(金)
深夜3時半突然苦しみだす。初めて聞く声。
痛み止めとユッカの抽出液を投与。しばらくして落ち着く。
朝様子がおかしかったら病院に行くつもりだったが
大丈夫のようなのでいつものようにお店に連れて行くが
閉店後また苦しみだす。同じものを投与。

2月4日(木)
病院の日。
尿検査では細菌は激減した。
抗生剤が効いた。2週間効果があるので来週また検査。
体重は減ったが昨日から食欲がある。

2月3日(水)
調子が良さそう。
もとの顔つきになった。
もしかしたら治るかも知れない。

2月2日(火)
朝の痛み止めが効き過ぎた気がする。
ずっと目を開けたままぼーっとしている。
これでは病状が急に悪化しても分らない。
でも痛がってからだと効くまで時間がかかる。
同じ量でも日によって効き方が違うようだ。

2月1日(月)
朝のカテーテルがなかなか入らず1度断念。
しばらくしてから再度試みる。
2本目で成功したが1時間半かかってしまった。
チャットもかなり疲れた様子。
お店ではずっとぐったりしていた。


2016年 1月 (1月より新しいメモが上になっています)
1月31日(日)
穏やかに寝ていたところお腹を撫ぜたら
痛がってしまった。
お腹にしこりがあるような気がする。
次回病院に行ったら見てもらうがまた
何か見つかる可能性もあり不安。
背中の痛みは今は無い様子。


1月30日(土)
固定台を使っての導尿はまずまず成功。
以前のように痛がることもなく家内も固定が
楽な様子。 おしっこは180ml取れた。
ごはんは昨日よりは食べてくれる。

1月29日(金)
導尿のために作った固定台を初使用。
固定には成功。
怖がったが時期慣れると思う。
抗生剤のためと思うがまた食欲が落ちた。
元気が無くぐったりしている。

1月28日(木)
病院で尿検査の日。
尿に再度細菌と今度は出血も確認された。
注射の抗生剤を打ち来週に再度尿検査。
チャットを仰向けにするためM字形の台をクロスワイヤーで制作。
脊髄と膵臓はステロイドを続けているが現在放置状態。

1月27日(水)
病院で導尿。
昨日ほど痛がらないのでしばらくこのまま家で導尿処置を続ける。
椅子に座って支える体制からベッドに仰向けにしようと思う。

1月26日(火)
朝の導尿カテーテルを入れる際にはげしく痛がる。
先日の事故のため尿道が傷ついて尿道炎を起こした疑い。
急きょ病院へ行く。
炎症を起こした部分はかなり痛いらしい。
外科手術も視野に入れる。

1月25日(月)
朝カテーテルでまた痛い思いをさせてしまった。
気を付けなければいけないことがとても多い。
午後はあまり痛みが無いように見えて良く寝ている。
いつも目を半開きで寝ていたがしっかりと目を閉じて寝ている。

1月24日(日)
おとなしかった通勤のキャリーの中でやたら動くようになった。
苦しがっている様子は無いがそのたび止まってキャリーの中を確認。
3か月ぶりに煮干しを食べた。

1月23日(土)
カテーテル器具の事故。急きょ病院に連行。
医師も見たことが無い例。
痛い思いをさせてしまったが現在は落ち着いている。
食欲増進剤のおかげで食欲も出る。

1月22日(金)
食欲が少し出てきた。
夕方痛みを訴えるので痛み止め投与。
静かな呼吸になり寝てくれた。
1月21日(木)
病院日。尿検査の結果膀胱炎は抗生剤が
効いたようでひとまず投薬を止めて1週間後に
再度検査。
再発すると長引く事になる。


1月21日(木)
病院日。尿検査の結果膀胱炎は
抗生剤が効いたようでひとまず投薬を止めて
1週間後に再度検査。
再発すると長引く事になる。

1月20日(水)
食欲がないのは抗生剤のためだと思う。
明日検査なので改善していれば投薬をやめたい。

1月19日(火)
寝返りの要求もごはんの要求も何も無い。
起こして栄養剤を与える。
スープは口に近付けると飲むが固形物は食べない。

1月18日(月)
元気がない。
左を下に寝かせると辛いという事がわかった。
右を下にしても定期的に辛そうに鳴く。
帰り際に痛み止め投与。

1月17日(日)
病院で超音波を当てながら導尿してもらったが尿道炎ではなかった。ひと安心。
先日の検査の結果は膀胱炎を併発した他に、
膵臓にあるものが大きくなっていた。
しかし現段階では安静にして薬と水分と
栄養を取るしかない。
その他の臓器はぎりぎり正常範囲内に
収まっている。
足腰は膵臓に負担をかけないように
リハビリを続ける。
痛そうにするのはリハビリのため感覚が
戻ってきた神経が、「今まで感じなかった
痛み」を感じているのかも知れない。

1月16日(土)
深夜より様子が変。30分おきに起こされる。
何か助けてほしい様子で、これは初めての行動。
朝、カテーテルを挿入の際なかなか入っていかない。
尿道が炎症を起こしているかも知れない。
病院に連絡して明日導尿せずに病院に連れて
行くことにする。

1月15日(金)
体温調節が出来ないこともわかり寝床の温度を
こまめに調節。
抗生剤の薬も増えたがうまく飲んでくれる。
今日もしっぽの先が動いた。

1月14日(木)
半日入院で血液・尿検査と超音波検査。
病院は4時まで手術等で手が空かないため先に
チャットを引き取る。
検査結果は後日。
導尿カテーテルのため膀胱炎になってしまった。
細菌には気を付けていたが、私が痛い場所を
増やしてしまった。

1月13日(水)
昨夜呼吸が速くなり、呼吸が落ち着くまで連れて
帰るのを待つ。
昨日は痛み止めは4回投与。
呼吸は深夜落ち着くが頻繁に上半身が痙攣を
おこす。
痙攣している動画を撮ったので明日病院で見て
もらう。
1月12日(火)
うんちが出ないので急きょ病院連行。
私では無理な状態。
大物が出たがその後、お店で震えだしたので
痛み止め投与。
以前もそうだったがおそらく直腸の奥まで
指を入れると膵臓を圧迫して痛いのかも知れない。夕方落ち着く。


1月11日(月)
食欲が少しずつ戻る。
うつろだった目も意識のある目に戻った。
2か月ぶりに数分だがしっぽが動いた。

1月10日(日)
お店に着いた途端震えたので急いで2回目の痛み止め。
ぐったりしているがスープは飲んでくれる。
いつでも病院に行ける準備をしておいたが、しばらくして落ち着く。

1月9日(土)
しばらく元気だったのに少し前の状態に戻ってしまった。
やはり夜になると痛み(と思う)で震える。
痛み止め投与。

1月8日(金)
夕べ夜8時容体急変、急に震えだす。
痛み止め投与後落ち着くがぐったりしている。
今日になっても元気が無い。

1月7日(木)
目を半開きで寝ていたのがしっかり閉めて寝るようになる。
おしっこ140ml。食欲もあり調子が良い。
ごはん、お水、寝返り等、夜中に1時間おきに起こされる。
本日よりステロイドは1日おきに減らす。

1月6日(水)
おしっこ140ml。いつもの量に戻った。
うんちをかき出そうとすると「うんち座り」をするようになった。
感覚が戻ってきたのかも知れない。

1月5日(火)
病院連行。体重がわずかだが増えていた。
うんちとおしっこを取った後で5、2Kg。
でも体温は低いままで37,3度。
血液検査、超音波検査、尿検査は一度に14日にすることになる。

1月4日(月)
食欲旺盛で調子が良さそう。
痛み止めを減らしてもぐったりしなくなった。
薬かサプリか何が効いたのかわかないが油断出来ない。

1月3日(日)
1日に圧迫導尿を試みたのが良くなかったのかおしっこが少ない。
水分もいつもよりとっているはずなのに昨日は80ml、今日は100ml。

1月2日(土)
急に食欲が出た。
カリカリも食べるしお水も飲む。
なのに逆におしっことうんちの量が減った。

1月1日(金)
これから3日間チャットは自宅で過ごす。
毎日仕事があるのでお店にはひとりで行く。
チャットは昼間は家内が家で面倒を見る事に
なる。
カリカリを少し食べる。
吐くと無駄な体力を使うので一度にあまり与えないようにする。


2015 10月 2015 11月 2015 12月
10月24日(土)
何かに怯えた様子。
ご飯のときにチャットハウスから出てきて
ご飯が済むとすぐに寝床に戻ってしまった。

10月25日(日)
1階~3階は移動するが何か様子が変。
足を怪我したのかも知れない。

10月26日(月)
ほぼ3階でうずくまったまま。
夜中に1階のトイレには行っている。

10月27日(火)
容体変わらず。

10月28日(水)
左足が動かないらしい。
上下移動の際に足を痛めたのだと思った。

10月29日(木)
3階にご飯を持って行くが食べない。
夜中にトイレも行っていなかった。
病院に連行。
精密検査の結果、背骨の神経が何かに
圧迫されているようで下半身麻痺の状態。
痛み止め(消炎剤)、食欲増進剤など
もらって様子を見る。

10月30日(金)
おしっこが垂れ流し状態になったので
おしめを着用。

10月31日(土)
食欲増進剤のおかげで食欲が出る。



     
      
       
     
       
11月1日(日)
かすかに動いていたしっぽの動きが
止まる。
寝返りも自力では出来なくなる。

11月2日(月)
足のリハビリを始める。
痛み止めが聞いているようで触っても
痛がらない。
感覚が無いのかも知れない。

11月3日(火)
声がほとんど出ない状態。目もうつろ。
薬のせいかも知れない。

11月4日(水)
朝晩決まった時間に強制的にお腹を
絞って排泄をさせることにする。
かなり嫌がる。

11月5日(木)
状態が落ち着く。チャットも初期の
パニック状態は無い。

11月6日(金)
病院連行。薬を痛み止めからステロイドに
変更。
リスクは覚悟。抗生剤も投与。
食欲増進剤は半分に減らす。
レーザー温熱治療も始める。

11月7日(土)
痛み止めを止めたせいか、ご飯・お水を
受け付けなくなる。
営業中は2階に移動することにする。
このほうが介護しやすい。

11月8日(日)
強制給餌開始。

11月9日(月)
病院連行。レーザー治療。
足首が動く。神経が通ってることを確認。

11月10日(火)
ぐったりしている。声も出ない。
食べない。飲まない。

11月11日(水)
リハビリの効果が出たのか足先としっぽがやや動く。
しかし食べない。

11月12日(木)
病院の日ではないがまずい状態なので
病院連行。
水分が取れてないので補液。
食べないため、食欲増進剤を増やしてもらう。
Kさんから痛みに効くサプリをもらう。

11月13日(金)
食欲が出たようで自分からカリカリを食べる。
でも通常の半分も食べない。

11月14日(土)
顔に表情が出てくる。声も弱々しいが出る。

11月15日(日)
普段以上に寝る。食欲も出てきたが日によって症状が変化する。
何かが神経を圧迫しているのは確かなよう。
顔の表情と舌の動きが以前と異なる。

11月16日(月)
病院連行。
ステロイドをあと10日減らしながら続けることになる。
病院で4日ぶりにうんちが出る。

11月17日(火)
目つきがうつろ。ぐったりしている。
身体が冷たい。いつもより温める。

11月18日(水)
朝、寝床から膝まで這ってくる。
食欲旺盛。日によって症状が変化する。
便秘のためオリーブオイルを投与。

11月19日(木)
久しぶりにお店でうんちが出る。
4日に1度のペース。苦しそうだった。
その後、少し動いていた足としっぽが
動かなくなる。
背中がかなり痛そう。
夜のおしっこはかなりの抵抗に合い
出なかった。

11月20日(金)
朝のおしっこも出なかったため病院連行。
カテーテルで おしっこを抜いてもらう。
排泄すると痛いらしい。
戻って来てからは食欲は少しあるが怯えた
様子。
この日の夜もおしっこは出せなかった。

11月21日(土)
この日の朝もおしっこは出せなかった。
今日も午前中病院連行、カテーテル処置。
顔つきが2日前ぐらいのような落ち着いた
顔になる。
昨日もらった痛み止めが効いたらしい。

11月22日(日)
カテーテルのため病院。
病院のかたが試みても圧迫排尿が
出来ない。
ごはんも水も自ら取らなくなったので
補液もする。

11月23日(月)
カテーテルのため病院。
300ml溜まっていた。
圧迫してはとても危険な状態だった。
病院は休みだったが開けてもらった。

11月24日(火)
カテーテルのため病院。
なぜおしっこが溜まってるのに出ないのか
わからない。
カテーテルはスムーズに入るとの事。

11月25日(水)
カテーテルのため病院。
26日(木)に半日入院することになる。
超音波検査で何か分るとうれしい。
この日も病院は休みだったが開けて
もらった。

11月26日(木)
半日入院。
膵臓にのう胞がかなりの数見つかる。
良性か悪性かは不明。
下半身との関連性も不明。
お腹を押すと痛がる。

11月27日(金)
家にもチャットハウスを作る。
夜はチャットを家に連れて帰ることにする。
家から病院そしてお店に連れて行く。
24時間体制でチャットを看護。

11月28日(土)
夜中に寝返りをさせるため2時間おきに
起きる。
お店では毎朝5時にお水とごはんを
取っていたよう。
カリカリを食べるようになった。
お水も自力で飲む。

11月29日(日)
カテーテルを見学。
家で出来るようにするため。
足のマッサージを続けたせいかチャットの
足が温かい。

11月30日(月)
カテーテルのやり方を習う。
今日はチャットを支えて動かないような
練習。 意外とおとなしい。
12月1日(火)
カテーテル中うんちが出る。
容体が悪くなってから初めて自力で出した。
お店に来てから少しだけ猫じゃらしで遊んでくれた。
横になったままやたら鳴く。何か変。
どこか痛いのかも知れない。

12月2日(水)
食欲がない。お水も飲まない。
スープは飲んでくれる。
体重は5,2Kg。
1か月で1Kg痩せた。

12月3日(木)
朝6時に自らお水を飲んでくれた。
カリカリは食べないがスープ入りごはんは
食べてくれた。
今日は少し調子が良さそう。

12月4日(金)
カテーテルの練習。
雑菌が膀胱に入らないよう気を使う。
これからは自宅でしなければいけない。
食欲が出てきた。体温も徐々に上がっている。

12月5日(土)
食欲があり、顔も元に戻ってきたような
気がする。
病院は3週間連続行っている。
マッサージが良かったか薬が効いたか
わからないが足の神経が少し戻ったような
気がする。

12月6日(日)
病院でカテーテル講習。
導尿処置で自宅で必要なものを注文する。
手元用にクリップライトが必要かも知れない。

12月7日(月)
病院で最後のカテーテル講習。
明日から自宅で導尿処置をすることになる。
食欲はある。水も飲む。

12月8日(火)
自宅で初カテーテル。
1度目は失敗。2度試みる。
合計120ml尿を取り出した。

12月9日(水)
導尿処置110ml。うんちも出る。
食べる気はあるようだが毎回少量で終わる。

12月10日(木)
導尿処置105ml。うんちも出る。
2日ぶりに病院。体重が50,5kgまで
落ちていた。
初めてチャットと1日自宅で過ごす。
栄養を取るため卵黄をシリンジで
あげることにする。

12月11日(金)
導尿処置95ml。うんちも出る。
朝、雨の中を自転車通勤。
お店に着いたら晴れた。

12月12日(土)
導尿処置105ml。
薬のせいかも知れないが元気が無い。
呼吸も速い。
病院に電話、痛いのかも知れないとの事。
痛み止めを増やす。

12月13日(日)
朝、呼吸が1分/120を超える。
大量のうんちと125mlのおしっこを出すと
呼吸が落ち着く。
お腹が苦しかったのかも知れない。
その後食欲旺盛。
体重5、1kg。ちょっとだけ増えた。

12月14日(月)
おしっこは115ml。うんちも出る。
痛み止めを増やしたせいか食欲はある。

12月15日(火)
早朝お水をあげている時に全部チャットの
寝床にこぼす。チャットパニック。
しばらく水を飲もうとしない。
おしっこは105ml。

12月16日(水)
久しぶりに前足だけだがビニールで遊んでくれた。
少し痛みが治まったのかも知れない。

12月17日(木)
病院の日だったが仕事のため行けず、薬は
家内が取りに行った。
食欲はあるみたいだがすぐに食べるのを
止めてしまう。

12月18日(金)
病院に連行。ステロイドは来週から徐々に減らす
予定。
カテーテル導尿も長く続けると雑菌侵入のリスクが
高い。
リハビリの際に歩行訓練をするが怯えて中止。

12月19日(土)
朝からぐったりしてごはんも食べないが、
昼過ぎからようやく食べてくれる。
おしっこは120ml。うんちも出る
(毎回オリーブオイルを使っての排便処置)。

12月20日(日)
ぐったりししている。食欲も元気も無い。
夜にまた呼吸が速くなる。1分66回。
ステロイドを休む日だが止めずに投与。

12月21日(月)
少し調子が良さそうなのでステロイド投与を休む。
食欲は少し戻ったが水を飲まない。

12月22日(火)
朝、右肩甲骨から腕ににかけて痙攣。
昼過ぎにも上半身痙攣。
しばらくして治まり、その後食欲も出る。

12月23日(水)
朝から食欲があるようだが食べる量は少ない。
夜に呼吸が速くなる。痛いようで一時触っても
反応しない。
かなり深刻な状態だったが痛み止めと
ステロイドで落ち着く。

12月24日(木)
病院連行。
ステロイドに間隔を空けるため抗生剤を止める。
家で取った尿を検査。異常無し。
カテーテルの雑菌侵入が気になっていたので
ひと安心。

12月25日(金)
食欲はある。毎朝4時半にごはんをねだるが
カリカリ3~5粒ほどで終了。
これを1時間ごとに繰り返すようになった。
横になったまま食べるので体制が辛いのかも
知れない。

12月26日(土)
食欲無し。固形物を食べない。
スープのみ何回も与える。

12月27日(日)
ステロイドを休む日。
おしっこが170ml出た。自宅では最高記録。
昼過ぎになって食欲が出てきた。

12月28日(月)
スープばかり。カリカリはわずかしか食べない。
高濃度の栄養サプリをシリンジで無理やり与える。

12月29日(火)
病院連行。
体温が36,3℃だった。かなりまずい状態。
お店で温めながら栄養サプリを投与。
夕方様子がおかしいのでもう一度検温すると
今度は39,5℃。
ステロイド投与後(たぶん)、症状は落ち着いた。

12月30日(水)
カテーテルでの導尿の際はげしく暴れる。
痛いのかも知れない。
その後急に食欲が出た感じだがやけ食いに
見える。
夕方に吐くしぐさをするが何も出ない。

12月31日(木)
固形物は食べずスープと濃縮栄養剤のみ。
15時カリカリを少し食べるが嘔吐。
でもなんとか年は越せそう。



         
TOPにもどる チャット日記最新にもどる