「猫の日企画」 ~猫への手紙~

さよならした猫さんやありがとうを言いたい猫さんに
感謝の手紙を書いて下さい。

その手紙がネット上を飛び交う事で多くのかたに読んで頂き
想いを共有することできっとその猫さんに手紙が届くはずです。

この企画は以前猫の日に「ねこちぐら」で行ったものです。
今はそのようなフリースペースはありませんので、ご自宅で
書いたものを猫の額に送って頂くかメールでも受け付けます。

個人が特定できる部分や個人情報に当たる箇所は載せません。

手紙の送り先:〒166-0002 杉並区高円寺北3-5-17 猫の額 「猫への手紙」宛
         
      
直線上に配置
      
ぴゅあへ 

いつもそばにいてくれてありがとう
どんなときも 近くから遠くからじっと見つめてくれていたね
さみしいときは すり寄ってくれた
眠るときは耳元で丸くなってくれた
悲しいときは もたれかかって寄り添ってくれた
嬉しいときは 一緒においしいものを食べたね

あついときも、さむいときも、
忙しいときも暇な時も
ずっと一緒だった。

たまに外に脱走することもあったね。
でもちゃんとおうちに帰ってきてくれた、ありがとう。

ぴゅあがいてくれたから 私は元気になれたよ
ぴゅあがいてくれたから どんなことも乗り越えられたよ
ぴゅあの匂い、肌触り、ぴゅあの息、声、すべて忘れないよ

これからはちょっと離れちゃうけど、
お空で待っててね。
たくさん遊べるように、大好きなお花や、ねずみのおもちゃや、
おいしいごはんをたくさん持っていけるようにしたから。

お空で待っててね。

それまで、ぴゅあは心の中で一緒だよ。

ありがとう

ぴゅあ。

いつまでもいつまでも愛している。大切な家族だよ。

ぴゅあのママより
       
直線上に配置
            
クリちゃんへ  

大好きなクリ
18年間ずっと一緒に居てくれて本当にありがとう。
いつも笑わせてくれて本当にありがとう。
出会ってくれて本当にありがとう。
まだね…
ありがとうを言ってないと悲しさで潰されてしまういそうです。
心臓発作なんて…突然すぎなんだよ…
でもそんなとこもクリらしいよね…
あれから1ヶ月か。
まだくぅちゃんの動画は辛すぎて観られないけどそろそろちゃんと向き合わないと。
クリが安心して虹の橋に渡れないよね?
ママなら大丈夫!
だからそっちでも持ち前の愛嬌思い切り振りまいて友達から愛されて幸せに過ごすんだよ!
ママのお迎えはクリに頼んだよ笑
でも…
たまには会いに降りてきてね。
      
直線上に配置
      
トラとクロへ

ひさしぶり、元気にしてるかな?
おとうちゃんとおかあちゃんは
あれからいろいろあったけどなんとか元気にやってます。
そちらで会った猫さんたちと仲良くしてる?
ごはんはたくさん食べれているかな?
あとね、一回すごく痩せたおかあちゃんだけど、またもとの重さに戻ってしまったよ(泣)
…おとうちゃんもちょっとだけ重くなっちゃったかな(笑)

そうそう、最近おとうちゃんが独立したの。そこの工場に縞三毛猫さんがやってくるんだけど
その子の模様がトラとクロの模様も入っていて会うたびに
トラとクロに会えてる気がしてとてもうれしいんだ。
いつだってトラとクロの事忘れていないから…いつだって思い出しているよ。

あと去年の命日に私の夢に出てきてくれて本当にありがとうね!
おかあちゃん本当にうれしかった。
夢の中だけどひさしぶりにうんちのお世話ができてうれしかったよ。
心配かけてしまうから泣いてはいけないと思ってたけどうれしくて大泣きしてしまいました。
またぜひ会いたいから、たまにでもいいので遊びに来てね。
おとうちゃんとおかあちゃんはずっとずっと待っているからね。
    
直線上に配置
       
みっけさんへ

初めて会ったのは2013年の8月、真夏のとっても暑い日でしたね。
「灰色の三毛猫っていたっけ?」と言ってしまいごめんなさい。
どうかしてました(暑さで)。
ただちょっとだけ汚れてしまっていただけなのにね。

工場を借りた時に初めて会った時から不思議な縁を感じていて
「ここにしよう」と即決した私に旦那はびっくりしてました。
でもなんだかんだあってそこに決まって、私達が出入りし始めたら
遠くからずっと伺ってましたね。でも近くにいくとパッと逃げてしまったり。
だけども少しずつ慣れてきてくれて今では私達を見かけると
駆け寄ってきてくれるのがとてもかわいくてうれしいです。

今では毛並みもふわふわなかわいらしい縞三毛さんになりましたね。
…あなたの柄をみていると昔お世話してたキジトラと黒猫を思い出します。
もちろんあなたそのものもとても愛しい存在だと感じていますよ。

仕事や準備で行き詰まってても、あなたが工場に来てくれると本当に癒されます。
工場にはもちろん仕事を手伝いにいっていますが、半分はあなたに会うためでもあります。
かわいくて良い子だから、本当はお家に連れて帰ってあげたいっていつも思います。
鍵を閉めるときにさみしそうな声でどうか泣かないでください。
またちゃんと来るからね。
だから毎日、車とか充分気をつけてください。
なわばり争いもわかるけど、近所の茶シロさんとの決闘もほどほどに。

野良猫さんは病気や怪我をしやすいと思うのだけど、
私達に会えた事でみっけさんが少しでも元気で穏やかに過ごす事ができたらと願ってます。
そしていつか一緒に暮らしてくれたらうれしいです。
いつもありがとうね、みっけさん。大好きだよ。
        
直線上に配置
     
J さんへ

今でもたまに君の気配がします。
肉体はいつか朽ちるのは仕方ないけど君の存在は永遠です。

君のしっとりした毛並みは両手にしっかりと記憶されています。
一生忘れる事はないでしょう。

ぼろぼろの爪とぎも最後に使った毛の付いたブラシもそのままです。
時は無情に流れて行くけど、この爪とぎとブラシは時間が止まったままです。

また春が来ますね。
別れを思い出させる一番辛い季節です。

いつでも夢に出ておいで。
静かに抱きしめてあげるから。
           
直線上に配置
      
C君へ

元気になれ!
これ以上痩せるな!
いっぱい食べて太ってくれ!
       
直線上に配置
        
さすけくんへ

「茶トラのオス」というお手本のような甘えん坊のきみ。
でも昼間は外出をして、家にいるときも末っ子猫の相手をするのが優先になってしまい、
きみの相手をなかなかしてあげられなくてごめんね。
そしてお兄さん猫として優しくみんなと過ごしていることに感謝しています。
モフモフはいつでも簡単にできるから、遠慮せずにどんどんリクエストするんだよ。
     
直線上に配置
      
うずらさんへ

我が家のお母さん猫として本当に良くみんなの面倒を見てくれていますね。
いつでも末っ子猫の相手をしてあげて、譲ってあげる姿に頭が下がります。
本当は自分も甘えたい気持ちをおさえるのは強さが必要です。
うずらはとても強い猫なんでしょう。
でもガマンは禁物。ストレス発散しましょうね!
        
直線上に配置
       
しじみちゃんへ

本当に愛らしい、活発でやんちゃ娘のしじみ。
あんまりイタズラが過ぎると困ります。
最近はヒモなどいろんなものを食べちゃうのでとても心配ですよ。
頼むから笑って済むイタズラだけにして下さいね。
そして段々大人になるのですから、お兄さん・お姉さんにも優しくね。
       
直線上に配置
       
もんちゃーん
たった今、お別れしちゃったね。
りなはまだ実感がわかなくて。
よくわからないよ。

大好きなもんちゃんだから
1日でも長く一緒にいたかったよ。

でもさいごのときにそばにいられて
ほんとに良かった。

また会えることを願って
りなもママもパパもみーんな
頑張るね!

もんちゃん、
幸せをありがとう。
大好きだよ。

りなより
       
直線上に配置
         
■ ご講読ありがとうございました。
  皆さまの「願い」や「想い」が届きますように!
        
  
   ↓ お問い合わせはこちらから。

     めーる
「猫への手紙・1」はこちら
   
TOPにもどる